メニュー

ソリューション

メディアバイヤー用Tealium AudienceStream

消費者にリーチし、影響を与える新しい方法は、毎日のように押し寄せてきます。おそらく、あなたのメディアプランにもプログラム広告、オムニチャネル広告、ネイティブ広告などの戦略の購入が含まれているでしょう。この過酷な環境で成功するには、真に統一されたマーケティングが必要です。

Three smiling marketers
利点:
  • ビジネスルールを定義することで、常に訪問者に関する知識を深める。これにより、アフィニティの向こう側にあるインサイトを捕捉する。
  • 既存のマーケティング技術と広告技術を豊富で新鮮な訪問者データソースで促進
  • ターゲティングの改善やより関連性の高いマーケティングインタラクションのためにクロスデバイス訪問者を特定

Tealium AudienceStream™ソリューションは、すべてのデジタルタッチポイントにわたり新鮮で高価値なオーディエンスセグメントを使用して、パーソナライズされたマーケティングアクションにより、既存のデジタルマーケティングシステムを促進します

現代のマーケティングと広告は、ウェブとモバイルのインタラクションをサポートして結果をもたらすために、かつてないほどデジタルマーケティングベンダーに依存しています。ベンダーソリューションはますますクラウドベースになり、タグはクリーンでアクション可能なデジタルデータソースのユビキタスなデータ収集メカニズムとなっています。ただし、タグ付けに伴う技術的な特質、開発およびQAに要する高コスト、ITリソースへの多大な依存など、ベンダータグをデプロイして管理するプロセスは頭痛の種になりえます。Tealium iQ™タグ管理システムにより、簡単に新しいベンダータグをデプロイしたり、開発者に負担をかけることなく既存のタグを編集したりできます。

AudienceStreamは、デジタルマーケティングの取り組みすべての基盤となるTealium iQと連動するデータ中心のゲートウェイです。AudienceStreamにより、新しい高価値なセグメントを発見し、複数のタッチポイントやデバイスにまたがるアクティビティを繋ぎ合わせて、広告技術パートナーやコンテンツ管理ベンダーに配信する訪問者プロファイルをエンリッチメントすることができます。AudienceStreamは、サイロ化したデータセットを統合してキャンペーンの効果を向上させる力をメディアの専門家に与えます。

AudienceStreamは、広告のインテリジェンスを促進します。既存の広告システムやマーケティングシステムを活用して成功をたぐり寄せましょう。

シングルIDメトリック: 同一の訪問者についてすべてのデジタルタッチポイントにまたがりデバイスやメッセージを統合

クッキーを使用して単一ユーザーIDを識別するのは難しいことです。モバイルによるインターネットトラフィックがデスクトップを上回るペースで増える中、クロスデバイスなインタラクションデータを簡単に統合できれば、より多くのエンゲージメントの機会が生まれます。 AudienceStreamを使用すれば、複数のデバイスにわたってユーザーの行動を関連付け、包括的なプロファイルにまとめることができます。このプロファイルにより、統合されたメッセージングや適切なタイミングでクロスデバイスオファーを提供することが可能になり、エンゲージメント率とコンバージョン率が向上します。

セグメント: 訪問者の行動に基づき、より良いセグメントと新しいオーディエンスを創出

AudienceStreamなら、ウェブとデバイスのアクティビティを繋ぎ合わせてエンリッチメントされたオーディエンスプロファイルとより正確なセグメント化を実現し、特に価値の高いオーディエンスを発見できます。カスタムルールを使用して訪問者をセグメント化すれば、テストや分析システムへの入力も簡単に行えます。このようなオーディエンスセグメントは、その後ターゲティングを改善するために広告技術やプログラムのベンダーに提供できます。

エンゲージメント: アフィニティとエンゲージメントのより深い測定を実現

エンゲージメントとアフィニティの測定は多岐にわたり、コンテキストや測定対象に依存します。AudienceStreamなら、コンテンツ、製品、サービスのエンゲージメントまたはアフィニティの定義と測定の両方を行えます。これは、滞在時間、ページビューや製品ビュー、ダウンロード、チャットのセッション、閲覧したブログ、その他のタグ付けされたアクティビティなどの定義された条件に基づくメトリックの組み合わせを使用して実現されます。これらのメトリックは、その後ビジネスインテリジェンス、ウェブ分析、広告技術を手掛ける大手ベンダーに共有可能です。

新鮮なデータ: リアルタイムのファーストパーティデータを活用

AudienceStreamでは、顧客のビジネスにとって最も重要な訪問者の属性、セグメント、メトリックを顧客自ら定義することができます。このデータは、デマンドサイドプラットフォーム(DSP)やリアルタイム入札(RTB)システムなど、任意の広告技術パートナーのシステムに自動供給可能です。タイムリーであるか否かが、エンゲージメント率の高いオーディエンスの獲得と平凡な結果の差を分けることもあります。

リマーケティング: パーソナライズされたEメールをリアルタイムに送信

タイムリーであることが重要です。サイトのパーソナライゼーションツールとの統合のために、デジタルマーケティングタグにエンリッチメントされたデータを注入できます。たとえば、ホームページのコンテンツはオーディエンスのコンバージョン傾向に応じてパーソナライズ可能です。また、AudienceStreamは、コンテンツ消費に基づきリアルタイムに関連性の高いEメールオファーを自動送信できます。このようなオファーがリアルタイムに提供されると、エンゲージメント効率は40–55%向上します。EメールのCTAを受け取った後にサイトを再訪する場合、その訪問者のコンバージョン確率は初回訪問時より高くなります。

ディスプレイ広告リターゲティング: エンリッチメントされたオーディエンスデータを購入プラットフォームに供給

コンバージョン率を向上させたい場合は、AudienceStreamを使用してオーディエンスデータをエンリッチメントして、セグメントを広告技術パートナーに提供してください。彼らは、訪問者がマーケットを離れる前に新鮮でリアルタイムなCTAを提供するためにそのセグメントをリターゲティングキャンペーンに活用できるでしょう。リターゲティングによる広告キャンペーンのエンゲージメント率は2.5~3にもなりますAudienceStreamから自動的に送信されるファーストパーティのオーディエンスデータにより、クリックスルー率もより効率的に改善されます。