ソリューション

リードジェネレーションのためのTealium

B2Bマーケティングでは、リードを見つけて拡大していくことが重要です。デジタルマーケティングはリードや収益を強力に促進するため、タグを効果的に管理すれば、リードジェネレーションと最適化において好ましい結果を得られる可能性があります。

Team Meeting
利点:
  • 独自の属性とセグメント化戦略を定義し、訪問者の知識を継続的に向上
  • クロスデバイス訪問者プロファイルを統一することで、顧客を完全に把握
  • 費用のかかる技術開発プロジェクトを行わずに、新しいマーケティング戦略や技術をすばやく評価

Tealium iQ™タグ管理システムは、タグのデプロイをより正確に行えるようにするだけなく、開発者に負担を掛けずに新しいベンダータグをデプロイしたり、既存のタグを編集したりする作業を容易にすることで、オンラインソリューションを制御できるようにします。Tealium iQは、950とのターンキー統合に加え、幅広いカテゴリの全体にわたり、あらゆるデジタルマーケティングタグをサポートしています。Tealium iQを導入すれば、Tealium AudienceStream™ソリューションでファーストパーティのベンダーデータを活用し、顧客獲得コストを抑えながらコンバージョンを高めることができます。AudienceStreamはキャンペーンやプログラムによって生成されるデータを使用し、主要なマーケティングベンダーに対するアクションを自動的にトリガーし、適切なタイミングでサービスを提供できるようにします。AudienceStreamはマーケティング自動化、リターゲティング、およびディスプレイ広告ソリューションと統合されており、より適切にターゲティングを行い、主要なオーディエンスセグメントを対象にしてパーソナライズしたメッセージを作成することができます。AudienceStreamには統一マーケティング作業用の基盤が備わっており、すべてのデジタルタッチポイントにわたり、オーディエンスの行動に基づいた、より収益性の高いリアルタイム顧客インタラクションを促進します。

オーディエンスのエンリッチメント: 最も成功するセグメントを検出

AudienceStreamを使用して、価値の高いオーディエンスを見つけ、訪問者のアクティビティとデバイスを関連付け、訪問者のプロファイルをエンリッチメントすることで、より精度の高いセグメント化を行えます。マーケティング担当者が定義した規則を使用し、ダウンロードや製品の表示など、訪問者の行動をセグメント化し、分析や顧客関係管理(CRM)システムを導入してリードをエンリッチメントできます。エンリッチメントされたこれらのプロファイルやセグメントを使用して、品質の高いリードやコンバージョンを促進する要因を明らかにすることができます。

強化されたリードナーチャリング: より適切なターゲティングと、キャンペーンの統合

状況に即したコンテンツを見込み客に送信すると、バッチメールやブラストメールを送信する場合よりもコンバージョン率が208%高まる可能性があります。AudienceStreamは、訪問者のリアルタイムの行動とインタラクションを、カスタマイズされ、マーケティング担当者によって定義されたセグメントに分別します。その後、それらを使用してマーケティング自動化キャンペーンやカスタマイズされたリマーケティングオファー向けにターゲット指定され、自動化されたコンテンツをトリガーできます。レリバンシーとターゲティングを統合されたすべてのキャンペーンに組み込み、すべてのタッチポイントでエンゲージメントとインタラクションを拡大できます。

すばやく学習し、すばやく転換する機能: ベンダーと最適化戦略をすばやくテストする

常にテストを実行する必要があります。通常、テストはワークフローに含まれているため、AudienceStreamを使用して、数分間でテストおよび最適化できるベンダーを選択できます。EメールキャンペーンのA/Bテスト、 多変量テスト、またはランディングページの最適化のどれを行う場合でも、AudienceStreamを使用して、新しいベンダーを追加したり、現在のベンダーのプログラムをカスタマイズしたりすることができます。事前定義した属性やオーディエンスセグメントが自動的にベンダーにストリーミングされ、目的のテストを行えます。AudienceStreamを使用したベンダーとキャンペーンのテストでは、処理可能なファーストパーティのリアルタイムデータが使用されるため、すぐに対応し、すばやく最適化できます。

最新のデータ: リアルタイムのファーストパーティデータを活用

訪問者が無料トライアルの開始や、製品をカートに追加したにもかかわらず購入しないなどのアクションを取ると、AudienceStreamは、すぐにEメールで対応できるように、訪問者IDとカートのコンテンツをEメールベンダーに送信できます。このようなオファーがリアルタイムで行われると、エンゲージメントの有効性は40–55%改善されます。 Eメールでのコールトゥーアクションを受け取った後、訪問者がサイトに戻った場合、コンバージョンの可能性は最初の訪問よりも高くなります。AudienceStreamを使用すれば、リマーケティングをすばやく行い、コンバージョンを高めることができます。

複数のデバイスを統合: 購入者の決定サイクルでデバイスの役割を関連付ける

AudienceStreamは、ユーザーの行動を複数のデバイスにわたって関連付け、1つのクロスデバイスプロファイルにまとめます。この統一ビューを使用して、購入ファネルと意思決定の全体的な分析を行い、より高度なマーケティングや統合されたメッセージングを行ったり、時宜を得たオファーをデバイスにまたがって行ったりすることができます。これにより、エンゲージメントやコンバージョン率が高まります。

CRMとの関係: 重要なインサイトをSalesforce.comに提供

AudienceStreamのSalesforce.comコネクタを使用して、Salesforce.comコンタクトレコードをリアルタイムのリード情報でエンリッチメントして、販売チームに見込み客や顧客に関する強力な詳細情報を提供できます。AudienceStreamは最近のダウンロード、ブログのビュー、およびキャンペーンのオープンレートなどの属性を収集し、それらの結果をSalesforce.comに自動的に組み込むことができます。