ビジネスインテリジェンス

データを活用してインサイトを獲得し、複雑なビジネス上の課題を解決したいとお考えでしょうか。

しかし、全体像を見るために必要なデータの全てに、必ずアクセスできるわけではありません。

BIのプロフェッショナルであれば、人々が何によって行動するかを理解することに喜びを感じるでしょう。ビジネスを前に進めるための困難な課題への答えを見つけ、組織を最適化して効率を上げることは、やりがいのある仕事です。しかし、必要なデータにアクセスできないことで、最もやりたいことができない、ということが往々にしてあります。組織内の様々なチームが膨大なデータを収集していますが、それらは独自のデータソースを使っており、相互に参照できなかったり、必要とする粒度に合っていなかったりします。これは、データソースが異なっていることで、カスタマーとそのジャーニーについてのインサイトが断片化されてしまっていることが原因です。

Tealiumは、マーケターが本来の仕事に集中できる環境を提供します。

私達の使命は、BIチームがカスタマーデータに自由にアクセスできるようにすることで、データ、テクノロジー、変化を受け入れ、本来の職務に集中していただくことです。

データの整理

すべてはデータ(多くの場合タグ)からはじまります。Tealiumのデータへのアプローチは、用語体系の共通定義ですべてのデジタルテクノロジーを一元化するデータのロードマップを作成するユニバーサルデータレイヤーから始まります。そこから、Web、モバイル、IoT、コネクテッドデバイスなどのデータ生成ポイントでデータが収集され、クリーンで関連性があるデータセットがチーム、ツール、テクノロジーを横断して構築されます。

すべてのデータに自由にアクセス

DataAccessにより、自社データを社内で所有することができ、ベンダーからデータを買い戻す必要が無くなります。社内にデータを持つことで、完全で関連づけられたデータに迅速にアクセスすることができ、断片化したデータを繋ぎ合せるために無駄な時間を使わずに済みます。また、オンラインとオフラインのデータ資産をスティッチ(縫い合わせ)し、リッチですぐに使えるビジターデータセットを提供することができるようになり、共通のビジネス言語と共通のカスタマーデータセットにより、様々なチームやテクノロジーが相互に協力しあえるようになります。

ビジネスの判断基準となるユニバーサルプロファイルを構築する

未知と既知のプロファイルをスティッチ(縫い合わせる)ことで、ビジターの行動をより深く理解し、マーケティング部門やビジネスインテリジェンス組織に対し、オンラインとオフラインを統合したデータを提供できるようになります。その結果、ビジネス組織は適切なプロファイルに基づく適切なアクションをリアルタイムに実行できるようになります。

マーケティングを拡張_dereck_hatcher_ビデオカバー_01

ビデオ
マーケティングチャネルのトラッキングとレポーティングを強化

cleaning_house_01

顧客紹介ビデオ
データの掃除: 断片化されたデータから綺麗なインサイトを得る – Hewlett Packard Enterprise

DAがデータの断片化を解決_カバー_01

ビデオ
Tealium DataAccessは、どのようにしてデータの断片化を解決するか