adobe_and_tealium

最適な組み合わせ:Adobe Experience Cloud + Tealium Universal Data Hub

TealiumのUniversal Data Hubのシームレスなデータ統合を使用して、お使いのAdobe®製品や残りの技術スタックの力を最大限まで解放します

TealiumはどのAdobe製品の統合に役立ちますか?

主な利点

  • 結合されたデータ統合 強力かつ一貫性のあるデータ駆動型の体験に適したデータ統合
  • データ管理を単純化 運用効率が改善します
  • データマネージメント機能の強化 Adobe製品パッケージや技術スタック全体で強化します

Tealiumでは、現在、何千ものデジタルプロパティにAdobe製品を配備しています。お使いのAdobe製品と残りの技術スタックのデータを包括的かつシームレスに使用することで、タイムリーに配信を行う製品の能力を開放し、コンテキストに沿った一貫性のあるカスタマーエクスペリエンスを提供します。Tealium Universal Data Hubでは、Adobe Experience Cloud全体で以下を含む統合を行います。

a_analytics

Adobe Analytics®
詳細を見る

a_target

Adobe AppMeasurement®
詳細

a_audience_manager

Adobe Audience Manager DCS®
詳細

a_experience_manager

Adobe CQ®
詳細

a_experience_manager

Adobe Experience Manager®
詳細

a_target

Adobe Target®
詳細

a_audience_manager

Adobe Audience Manager®
詳細

a_campaign

Adobe Campaign®
詳細

a_media_optimizer

Adobe Media Optimizer®
詳細

a_target

Adobe Recommendations®
詳細

adobe_experience_cloud_id

Adobe Experience Cloud IDサービス®
詳細

当社では、LL Bean、Samsung、Domino’sなど、文字通り何千ものブランドのデジタルプロパティにAdobeを配備しました。これによりAdobe Cloudを機能させる独自の専門知識を蓄積してきました

– Tealiumデジタル戦略/事業開発本部長のクリス・アンドレス

サポート内容:
AdobeへのTealiumのネイティブサポートのライブデモを依頼すれば、どのようにしてTealiumが技術スタックなどのパーツの実装/リッチ化を容易にするかを確認できます。

Why integrate Adobe and the rest of your stack with Tealium?

Make life easier:

Own Your Data to Build a Vendor Neutral Data FoundationWith technology and behavior evolving so rapidly, brands need a data foundation that can move across venues and technologies seamlessly. This means creating a data foundation that is directly owned (no data buy backs, no restrictions on use) and built around 1st party data (incorporating 2nd and 3rd party data as needed).

Easily Deploy and Use the Adobe Experience Cloud IDTailored tools to help leverage the Experience Cloud ID Service (formerly, Marketing Cloud ID) facilitating cross-domain and cross-device tracking along with synchronization of IDs across 1st, 2nd and 3rd party datasets.

Agile, Simple Data Management

a. Point and Click Data Mapping – Gain reporting agility with easy data mapping allowing for quick and simple incorporation of data into reports.

b. Simplified Data Transformation – Easy-to-use interface for transforming data as needed, instead of using complicated VISTA rules.

c. Manage Data More Efficiently – Make global analytics changes with a single click by leveraging inheritance.

Ease the IT Bottleneck – Give marketers easy tools to deploy Adobe programs and products. Launch Adobe Target tests and make rapid s_code.js updates in Adobe Analytics without any IT support needed, allowing for quicker time to market and more strategic use of IT resources.

Improve Acquisition Audiences – Point and click data mapping for Adobe Audience Manager allows you to build better acquisition audiences by making it easier to leverage the data you want to use. Also supply Audience Manager with first party data profiles that can be used to create effective lookalike audience targeting.

Add data capabilities:

Extend the Value of Your Adobe Investment – With a wide-ranging collection of Adobe tools, it can be challenging to manage programs consistently across them. Data is the common thread that can be used to unify experience across your Adobe toolset and beyond to incorporate your current and future tech stack.

Full Stack Identity Resolution – Build and share a single view of the customer across every technology in your stack, beyond just Adobe products. This single customer view becomes the basis for analysis and data activation enterprise-wide to drive consistent and relevant customer engagement.

Get Data Governance Tools – 

a. Improve Workflow and Data Processes – Assign roles and permissions, limit or enable data sharing, and see and control the flow of data.

b. Reduce Risk with Improved Regulatory Compliance – Address GDPR, global privacy compliance and other regulatory needs by running Adobe products through Tealium to gain unparalleled control over data governance procedures.

Really Real-Time Data Sharing – Real-time data sharing across the entire Adobe platform allows marketers to create truly amazing experiences at the right time.

Drive More Personalized Experiences – Turnkey integration into Adobe Experience Manager creates a modular data layer that enables you to drive more personalized experiences.

Maintain High Performance Campaigns with API Hub – Server side API with Adobe Analytics, Target and Campaign for high performance marketing in web, mobile, IoT, Connected Devices, Kiosks, etc.

Flicker-free – Risk-free, flickerless deployment of Adobe Target for smoother testing and personalization to drive the best possible results.

詳細情報

Docs

Adobe統合に関するドキュメントを確認して戦略を立案しましょう。

オーディエンスマネージャ:  オーディエンスマネージャDCS

アナリティクス:  Adobe Analytics

モバイルアナリティクス:  Adobe Analyticsを使用したモバイルアプリのトラッキング

キャンペーン:Adobe Campaign

対象:Adobe Target

Heartbeatタグ: Adobe Heartbeatタグ

その他…

ビデオ

ビデオを観てTealiumとAdobeの連携を向上させる方法を学びましょう。

MarTechの課題に関するビデオシリーズ:Adobe Analyticsの設定

Adobe Analytics Reportパッケージを動的に設定

アイデンティティの解決に関するWebcast: アイデンティティの解決 – デジタルトランスフォーメーションの鍵

Microsoftのケーススタディ: すべてをルール化するタグ:現代の企業のデータガバナンス

リソース

データを統合/有効化する方法の戦略化に役立つリソース:

Tealium対無料のタグ管理: 「無料」とは費用がかからないことを意味するわけではありません。

Tealium統合マーケットプレイス: 1000以上ものターンキー統合の詳細一覧

カスタマーデータプラットフォーム: 仕組み、何を解決するか、あらゆる企業が使用する理由

MarTechの最新かつ最強のコンビ:  CDPとDSP

無料だからといって費用がかからないとは限りません

上述のいくつかの点で役に立つ、購入費用なしで使用できるツールがあります。しかし、無料ツールが組織のコスト面に及ぼす影響を特定することが重要です。

  • サービスとサポートにかかる費用 – 無料のツールは、大幅に追加されて増えてゆくサービスへのダイレクトゲートウェイになってしまうことがあります。また、サポートオプションは制限され、融通が利かないことがあります。
  • ベンダー中立 – 無料ツールに固執することで、最適なツールを選択する柔軟性が制限されることがあります。その結果、競合企業と競争できなくなり、データにおける戦略的差別化要因を構築する機会が失われます。
  • 制限された能力 – 結局、無料ツールの機能はそれほど強固ではなく、通常は、無料ツールを提供するベンダーの補完的なシステムの投資を軽減するためにあります。

次の詳細比較を確認する Tealium iQと無料のタグ管理ソリューション 詳細。

Adobe Experience Cloudと統合する方法の理解をサポート

Tealiumのソリューションコンサルタントは、専門性の高い知識を駆使して積極的にデータ統合の計画を戦略化するサポートを行い、カスタマーエクスペリエンスの取り組みを変革できるように支援します。

Adobe, Adobe Experience Cloud, Adobe Analytics, Adobe AppMeasurement, Adobe Audience Manager, Adobe CQ, Adobe Experience Manager, Adobe Target, Adobe Audience Manager, Adobe Campaign, Adobe Media Optimizer, and Adobe Recommendations are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries.