データ収集戦略の再考: Cookieのない世界で成功する5つのヒント

 In Data, DMP

キャンセルカルチャーは、TikTokやYouTubeだけにあるのではなく、サードパーティCookieが消失したマーテクにもあてはまります。問題となるリストの上位にデータマネージメントプラットフォーム (DMP) がありますが、これは顧客情報の収集に、ほぼすべてでサードパーティCookieに依存しているからです。

しかし、DMPが生き残るという希望はあります! 別のデータソースさえ見つかれば、DMPはCookieのない世界にも適応できます。しかし、それができるかどうかを判断する時間や予算はありません。

そのため、サードパーティCookieの消失を回避するためのマスタークラスシリーズの第2回セッションでは、顧客の移行を支援するための実用的なステップについて説明しています。以下でマスタークラスシリーズでのセッションの重要項目を読むか、オンデマンドセッションをこちらでご覧ください

講演者は以下の通りです。ジェイミー・ウェルズ(ソリューション・コンサルティング担当ディレクター)、マット・パリジ(製品マーケティング担当ディレクター)です。

私たちはDMPが嫌いなわけではありません。DMPは強力なツールであるとは思いますが、時代は変化して次第に使われなくなっているため巻き込まれてほしくないのです。

では、どうすれば良いでしょう? まず、ファーストパーティデータ戦略へ切り替えましょう。

今すぐ移行することはDMPに関してだけでなく、サードパーティCookie消失の余波をほとんど回避できます。

実際にはどんなものでしょう? そう、以下の5つのステップから始まります。(24:45)

ステップ1:主な計画要素としてプライバシーを取り扱う (25:40)

これは、強固な基盤を構築するための重要な要素です。最初から同意を得る目的を検討することで、プライバシーを考えます。しかし、それだけではありません。顧客のライフサイクル全体を通じて、長期間にわたってプライバシーを維持する必要があります。

これを今すぐ開始する方法の例を次に示します。

  • プライバシーを顧客のデフォルト設定にする
  • 顧客データの使用方法や特定の情報を収集する理由について、完全に透明であること
  • より良い体験を提供するために実際に必要なものだけを収集することによって、ユーザー中心の体験を維持する

ステップ2:ブラウザに依存する (30:23)

これは、ファーストパーティデータ戦略を確立するためだけではなく、Cookie黙示録を生き残る上でも重要です。なぜでしょう? 顧客プロファイル内のわずかなギャップを埋めるのにサードパーティCookieにはもう頼ることができないからです。

それには、まずデータを必要なものだけにまとめる必要があります。そこから、顧客データが存在する可能性のあるすべての場所、ソース、データベースを識別します。貴社が所有する識別子を活用して、すでに使用可能な他のデータを確認することもできます。このようにして、顧客データを完全に管理し認識できるようになります。

このデータガバナンスを使えば、サードパーティCookieがなくなった場所を補完できます。たとえば、各広告インベントリのプールまたはネットワークで類似ユーザーのターゲティングに使用するファーストパーティセグメントを作成できます。

ステップ3:データ収集戦略をより強力な価値交換に適合させる (34:54)

ここでのキーワードは「価値交換」です。これは話題になり始めている言葉で、これには正当な理由があります。あまりにも長い間、顧客はブランドに貴重な個人情報を提供するよう求められていたにもかかわらず見返りを得られなかったからです。

だからこそ、彼らの経験を向上させるために、特定の情報を収集していることを前もって伝えることは非常に重要ですが十分ではないこともあります。代わりに、次回の注文で25%割引するなどの金銭的価値を提供できます。

しかし、多くの組織では、最初のタッチポイントでの価値交換に重点を置くことはあっても、顧客のライフサイクル全体を通じて行うことはありません。顧客は現在、適切な価値交換を実現できない場合のコストが非常に高くなると予想しています。なので、これを何度もジャーニーに取り入れることが重要です。また1対1の関係が強化され、データの衛生状態が向上するなどのメリットも得られます。これは、サードパーティCookieデータ後の戦略を策定するうえで重要な要素です。

ステップ4:アイデンティティの倍賭け (36:58)

匿名の人物を既知の人物にする方法を理解することは、最適化に不可欠です。まず、それぞれのアドネットワークのID戦略を認識し、それに従って識別子を分類します。そこから、各「局面」またはデバイスに対して可能な限り最良のファーストパーティ識別子を選択することによって、戦略を形成できます。その後、引き続きPII(個人識別情報)を追加して顧客プロファイルを作成できます。

顧客を識別するためのソリューションに関する会話はまだ進行中ですが、LotameやTrade Deskなどが提案した「一元化ID」またはユニバーサル識別子のソリューションを調査および評価することもできます。しかし、これらのソリューションは、IDのための最重要項目ではありません。むしろ、IDの危機を乗り越えて作業を続ける中で、それらは一時的なパズルのピースです。

ステップ5:ターゲットミックスの再評価と機動性の維持 (39:39)

行動セグメントベースの広告の将来は非常に不安定なので、将来の変化に備えて今できることをすることが重要です。まず、組織としての立場を哲学的に考え、まずどこに焦点を当てるべきかを決定することから始めます。

ターゲットミックスに関しては、行動キャンペーンがまだ利用可能な間に、コンテキストキャンペーンや行動キャンペーンをテストして学習することから始めると役立ちます。これにより、コストとパフォーマンスを比較が可能になります。さらに、難読化されたセグメントIDを持つファーストパーティIDをアドネットワークに送信しましょう。使用するかどうかにかかわらず、これらのオーディエンスを構築して別のタグをテストすることができない理由はありません。

最後に、もしあなたがDMPユーザーであれば、コーホートの連邦法(fLOC)Googleのプライバシーサンドボックスを今知っておくといいでしょう。これらの大手企業は、広告や新しいセグメントへのリーチという意味で、サードパーティCookie後のビッグプレイヤーになるでしょう。これらは本来、DMPの共有化バージョンであり、これらの情報は利用可能かつ無料ですが、これらはユーザー制限がある点に注意する必要があります。

今後に備えましょう。そのために、これらの手順の詳細を知るにはオンデマンドセッション (英語) でより詳しい内容をご覧になれます。サードパーティCookieの廃止に備えるためのさらに多くの方法を見つけましょう。

ファーストパーティデータ戦略へ切り替える方法についてより詳しく理解されたい方は、お気軽にデモのリクエストをしてください。現在の貴社の取り組みや戦略をお伺いした上で、Cookieのない世界への最適な準備方法をご提案させていただきます。

Recommended Posts