Teiliumの新しい予測MLソリューションは、CXデータをプロアクティブに理解しROIを迅速に達成

 In

新しいTealium Predict MLを使用すると、マーケティング・チームはデータに対してより早く行動を起こし、ビジネスの成果を最適化できます。たとえば、購入する可能性が最も高い購入者や、解約の可能性が最も高いセグメントの特定などです。 

※本リリースは米国で現地時間2020年6月30日に発表されたプレスリリースの抄訳版です。

2020630日、サンディエゴ — リアルタイム顧客データオーケストレーションの信頼できるリーディング企業であるTealium–は、本日、市場をリードする顧客データプラットフォーム(CDP)、Tealium AudienceStreamのための組み込み型機械学習技術、Tealium Predict MLの一般公開について発表しました。すでに3千万以上の予測が蓄積されたTealium Predict MLは、Tealium AudienceStream CDPとシームレスに連携して、継続的に顧客行動を予測します。機械学習を使用して、より効果的なオーディエンスセグメンテーションを行い、顧客エンゲージメント、コンバージョンレート、生涯価値を向上させます。

予算が削減され、顧客維持が重視される中で、マーケターはより少ないリソースでより大きな成果を出すよう求められています。Tealium Predict MLはマーケターを念頭に開発されたもので、チームが機械学習を利用したインサイトの価値を既存の技術スタックに投入できるようにするシンプルで費用効果の高い方法です。クリック数の問題でカスタマイズされた予測を作成することで、マーケターは顧客行動の可能性のインサイトを得て、インサイトの生成に使われるデータを完全に可視化できます。これらのインサイトにより、ブランドは効果的・効率的に適切な顧客をエンゲージさせ喜ばせて、ビジネスの成果を高めます。

「マーケティングへの投資を最適化するために、リアルタイムでデータドリブンな意思決定に重点をおくと、従来の手法ではなく、求める最適なオーディエンスを予測する機械学習とAIに移行する必要があることがわかりました」と、モナシュ大学のマーケティングインフラのディレクターであるAmin Fogaは言います。そして、「Tealium Predict MLを使用することで、アクションを起こす可能性に基づきリアルタイムのオーディエンス属性の構築を支援し、識別可能なすべてのチャンネルにわたって、適切なタイミングで最適なメッセージを使いエンゲージできます」とつけ加えました。

Tealium Prediction MLの一般的に利用可能な機能には行動健康評価(Behavior Health Rating)という新しい機能が含まれています。この機能を使用すると、ユーザーは、特定のな機械学習のインサイトの提供に十分な既存のデータがあるかどうか見ることが可能です。また、行動健康の評価に基づいて、どの行動について現在調査すべきか、そしてどの行動についてモデルに含める前に、より成熟したデータにすべきか決定できます。

Tealiumの創設者でCTO(最高技術責任者)の Mike Andersonは、次のように述べています。「より多くの組織が、データの収集とインサイトの活用の価値を日々認識していますが、適切なソリューションなしでは、これらのプロジェクトは膨大にリソースを消費する可能性があることも認識しています。当社のCDPソリューションに統合された柔軟な機械学習製品の提供によって、データ収集の複雑さと負担を取り去り、顧客の活動を安定させ、顧客がデータ活用方法に集中できるようにします」

Tealium Predict MLの詳細については、tealium.com/predictをご覧ください。

Tealium について

Tealiumは、ウェブ、モバイル、オフライン、IoT にわたり顧客データをつなぎ、企業とその顧客をつなぎます。ティーリアムは、 企業がリアルタイムに一元化された顧客データ基盤をつくれるよう、1,200以上のクライアントサイドおよびサーバサイドのベンダーやテクノロジーに連携できる統合エコシステムを備えています。Tealium Customer Data Hub は、タグマネジメント、APIハブ、機械学習を備えたカスタマーデータプラットフォーム、そしてデータ管理機能を含む包括的なソリューションとして、顧客データを、より価値が高く、実行可能で安全なものにします。世界中で1,000社以上の企業がTealium によって、顧客データ戦略を強化しています。詳しくはwww.tealium.com/jaをご覧ください。

Recent Posts