CASE STUDY
リアルタイムの顧客行動把握とSMS、コールセンター連携によりキャンペーン施策のコンバージョン率が10 倍に増加

yamagata_bank_thumb_01

山形県のリーディングバンクとして、地域経済の成長発展に貢献する株式会社山形銀行。ローンサービスの契約獲得を紙のダイレクトメール(DM)やウェブ広告に依存してきた同行は、One
to One マーケティングの実現に向けてTealium のリアルタイム顧客データ統合ソリューション「Tealium Customer Data Hub」を導入。SMS(ショートメッセージ)の活用とコールセ
ンターとの連携により、コンバージョン率は紙のDM と比べて10 倍に増加。DM の廃止により、郵送コスト等を従来の6 分の1 まで圧縮している。

課題

  • チャネルの再構築とデジタルの活用による収益力の強化
  • 開封率が把握できず、効果測定に時間のかかる紙のDM からの脱却
  • お客様の行動把握によるタイムリーなマーケティングアプローチ

ソリューション

  • Tealium Customer Data Hub を用いたリアルタイムマーケティング
  • ウェブ広告のタグを媒体を横断してTealium iQ Tag Management で一元管理
  • SMS を送信し、Tealium AudienceSteram CDP で開封した顧客のアクションをリアルタイムに追跡
  • ページ離脱のタイミングによって、追加のSMS 送信やウェブ広告の強化
  • 最終段階の申込みページから離脱した顧客にはコールセンターからフォロー

結果

  • カードローンのある施策でコンバージョン率が10 倍に増加
  • マーケティングキャンペーンの実施にかかる期間が3 カ月から1 週間に短縮
  • 金融商品全体のDM 発送における郵便費用が従来の6 分1まで圧縮
Resource Type: Case Study
Topic: Customer Data Platforms
Product: AudienceStream Customer Data Platform
Vertical: Financial
Business Issue: Digital Transformation