WHITE PAPER
匿名化が進む時代のコンテキストベースマーケティング

要約

ウェブサイトへのビジターは、ほとんどがアノニマス(匿名)で、その比率は様々な調査で97-98% とされています。つまり、ほとんどの企業にとって、ビジターのたった2-3%だけが、メールその他の 識別可能な情報を提供する「既知の」ユーザーであるということです。

このような驚くべき数字にも関わらず、現代のマーケターは「既知の」ユーザ ーへのメールによるプロモーションにほとんどの時間を費やしているのです。アノニマス(匿名)データは、コンテキストベースマーケティングのエクスペリエンス構築において重要かつ直接的な役割を果たし、未知のユーザーに関連するエクスペリエンスだけでなく、既知のユーザーについてもより適切なエクスペリエンスを提供します。

本レポートでは、デジタル業界で経験豊かな業界アナリストアンドリュー・ジョーンズにより、ファース パーティデータやアノニマス(匿名)データを活用しさらに一歩踏み込んだマーケティング施策を実施す ることで市場優位性を築く方法について、技術的な側面を含めて触れていきます。

画面右側のフォームにご記入いただくことでレポートをダウンロードいただけます。

レポートをダウンロード

このレポートを無料で差し上げます。以下のフォームに必要事項を記入して下さい。

私達はお客様のプライバシーを尊重し、個人情報を販売・貸出・共有することはありません。