メニュー

ソリューション

デジタルマーケティング用Tealium AudienceStream

現代のマーケッターは、マーケティングの効果を正確に測定し、新しく登場する技術や大量のデータをセグメント、チャネル、キャンペーンのために最大限に活用する方法を判断しなくては、というプレッシャーの下にいます。一元管理された訪問者プロファイルは、さまざまな戦略的マーケティングイニシアチブを支え、結果をもたらすカギとなりえます。

Digital Marketers Collaborating
利点:
  • より関連性の高いリマーケティングまたはリターゲティングのイニシアチブを促進
  • コンシューマーインサイトに基づき、新鮮かつ完成されたマーケティングインタラクションを適切なタイミングで創出
  • エンリッチメントされた訪問者データを主要なマーケティング技術や顧客関係技術に供給

戦術的な施策によってリソースが消費されるため、最善かつ現実的な結果をもたらす戦略を定義する猶予はほぼありません。デジタルマーケティングのベンダーからは、サイトの状況について貴重な情報が提供されるとは言え、膨大なデータを相関させてそのような結果に迅速に対応するのは、現実的ではないうえにハイコストになりがちです。実際CMOは、蓄積データは増加しているのにもかかわらず、マーケティングプロジェクトにおいて意思決定に使用されるデータの割合は減少していると報告しています。2013年には、マーケティング分析が使用されていたプロジェクトは前年から37%減となる29%に留まりました。

Tealium AudienceStream™ソリューションは、デジタルマーケティングエコシステムへの入り口であり、顧客獲得コストを抑えながら、マーケッターは異種のデータセットを管理・統合して、サイトコンバージョンやキャンペーン効率の向上を図ることができます。これには、Eメールサービスプロバイダー、リターゲティングソリューション、ディスプレイ広告などのベンダー統合が含まれます。自社のキャンペーンやプログラムから生成された訪問者データを使用することで、AudienceStreamはベンダー向けに自動的にアクションをトリガーして、事前定義されたルールに従い、適切なタイミングでメッセージ送信できるようにします。AudienceStreamは、あらゆるデジタルタッチポイントにおけるオーディエンスの行動に基づき、収益性が高く、リアルタイムな顧客インタラクションを促進する統一マーケティング活動の基礎を提供します。

AudienceStreamは、よりスマートなマーケティングインタラクションを促進します。既存エコシステムの関係を活用して成功を促進しましょう。

Eメール: リアルタイムマーケティングとターゲットEメール

タイムリーであることが重要です。訪問者が製品をカートに追加したものの購入しなかった場合、AudienceStreamは、すぐにEメールでオファーできるように訪問者IDとカートの内容をEメールベンダーに送信できますそのオファーをリアルタイムに行った場合、エンゲージメントの効果は40~55%改善します。つまり、訪問者がEメールのCTAを受け取った後に再訪した場合、コンバージョンの確率は初回訪問時よりも高くなります。

分析: 訪問者レベルの属性やセグメント化

マーケッターが定義したAudienceStreamルールを使用してビジター挙動をセグメント化すれば、テストやカスタマイズ、分析システムへの入力も簡単に行えます。また、これらの属性は増やしたり集計したりすることもできため、簡単に新しい戦略やアイデアを評価して、ただちに実行することができます。

ライブチャット: 訪問者についての主要なインサイトにより適切なエージェントを割り当てる

チャットにより、平均注文額は35%も増加することが証明されています。つまり、適切なリソースとタイミングで新鮮なデータを使用したチャットエクスペリエンスという追加のパーソナライズにより、収益、満足度、解決までの時間が改善します。AudienceStreamの訪問者属性やバッジは、特定のシナリオをサポートするのに最適なエージェントと自動的に共有可能であるため、関連性とパーソナライゼーションがさらに向上します。

モバイル: デジタルタッチポイントを通じてデバイスやメッセージを統合

AudienceStream内のクロスデバイスプロファイルを突き合わせることで、複数のデバイスにわたってユーザーの挙動を正確に相関させることができます。この統一ビューにより、統合されたメッセージングや適切なタイミングでクロスデバイスオファーを提供することが可能になり、エンゲージメント率とコンバージョン率の向上に繋がります。

テスト: 訪問者属性を使用してテスト戦略をカスタマイズ

AudienceStreamの事前定義された属性または無制限にカスタマイズ可能な属性を使用して、訪問者セグメントの発見や定義、プロファイルのエンリッチメントが可能です。マーケッター定義の属性を関連性の高いテストベンダーと共有することで、適切なタイミングで適切なメッセージを含む適切なテストを容易に実行できます。

CRM: 訪問者レベルの挙動と属性でレコードを更新

顧客を正しい場所で獲得することは、時として難しいものです。顧客や見込み客がコンテンツやマーケティングキャンペーンにどのように反応しているのかを理解することは営業チームのメリットになりますが、だからといって分析レポートを読ませるのは無理があります。AudienceStreamを使用することで、営業チームやエージェントは主要な行動インサイトを武器に、あらゆるタッチポイントでエンゲージメントや関連性を高めることができます。

ディスプレイ広告: オーディエンスデータを使用してコンバージョンを向上

通常は初回訪問時にコンバージョンが起きない98%の訪問者からより多くのシェアを得ようとする場合、AudienceStreamはこの訪問者がマーケットを離れる前に新鮮でリアルタイムなCTAを送信できるように、リターゲティングパートナーに関連性の高いデータを送信するアクションをトリガーします。リターゲティング広告キャンペーンのエンゲージメント率は、非ターゲティング広告キャンペーンに比べて5倍~3倍の2という結果が得られています。ファーストパーティのオーディエンスデータがAudienceStreamから自動送信されるようになることで、ディスプレイ広告のコンバージョン率はさらに効率的に向上します。

パーソナライゼーション: 訪問者の属性に基づきコンテンツの関連性を向上

初めてパーソナライゼーションイニシアチブを導入する場合、最も関連性の高いコンテンツやおすすめを行うためのインサイトやデータの積み重ねがない、ということはよくあります。AudienceStreamは、豊富なオーディエンスプロファイルの履歴を持つパーソナライゼーションやおすすめ機能のベンダーを提供可能であるため、コンテンツの関連性やターゲティングの改善にかかる時間を大幅に短縮し、より早くマネタイズと価値の創出につなげられます。