製品

Tealium DataAccess

Tealium DataAccessは、イベント、クリックストリーム、訪問者データについてノイズのない完全に相関付けられたデータセットを提供しています。すべてのデータセットが組織固有のニーズに適合する形式、用語体系、時間増分で配信されます。

Two business people looking at tablet
利点:
  • 処理をせずに分析に使用できるデータまたは生データを受信
  • 任意のデータウェアハウスバックエンドとインテリジェンス/レポートツールで使用できるように用意された充実のクロスデバイスデータやオムニチャネルデータのソースを用いて企業のデータへの投資を強化
  • 変化するソースのビジネス要件に応じて拡大する、データソースとコンシューマーインサイトのギャップを埋める。

強力かつ柔軟性が高いTealium DataAccess™ソリューションは、現代のリアルタイムな顧客データサプライチェーンのサポートに必要な形でデータを配信するため、組織のどこでもリアルタイムな顧客データを利用できるようになります。マーケッターはGoogleアナリティクスやAdobe Analyticsなどの使い慣れたお気に入りのツールを継続して使用できます。一方、データアナリストやビジネスインテリジェンス(BI)の専門家は、各自のEDWで好みの可視化ツールを使用して同じデータソースを扱うことができます。

適時性が重要

従来型のデータプラットフォームは、遅延するバッチ処理や相関のないデータセットによるデータ断片化の問題に悩まされています。これは、行動のきっかけとするにはあまりにも陳腐で時代錯誤な分析と言えるでしょう。

Tealiumは、積極的でリアルタイムなアプローチでデータの収集とエンリッチメントを行い、大手BI/企業データウェアハウス(EDW)プラットフォームで瞬時に活用可能な、豊富な顧客データソースを生成することで、スピードの壁を排除しています。

始めから相関付けられたデータ

多くの企業では、さまざまな主要技術で作成される、サイロ化した相関していないデータに悩まされています。DataAccessは、Tealium iQ™タグ管理システムとTealium AudienceStream™ソリューションを活用してすべての顧客タッチポイントを通じてオムニチャネルかつオムニソースのクロスデバイスインタラクション生成されるデータを収集します。カスタマージャーニー全体を通じてライブかつ完全に相関した状態でデータを収集するので、後からデータをつぎはぎする必要がありません。これまで使用されていた。多くの時間とリソースが必要で不正確なデータ統合処理を行わなくても、顧客データを最大限に活用できます。

リアルタイムデータエンリッチメント

多くのベンダーは、固有のデータ要素をもつ融通がきかない静的なデータセットを提供しています。対照的に、Tealiumが捕捉するウェブ、モバイル、オフラインのデータは、ユーザーのカスタマージャーニー全体にわたって、顧客に合わせたリアルタイムなデータセット形式への変更が可能です。Tealium iQを使用してソースデータの測定や解釈を行うことも、AudienceStreamを使用して、イベントレベルデータを訪問者プロファイルに変換する際に、メトリック、バッジ、特徴などの新しい顧客属性を定義することもできます。AudienceStreamは、オフラインやオフサイトの顧客情報をマージするためにも使用できるため、新しいビジネス要件に対応するためにデータセットを十分に拡張することができます。さらに、このデータは自動的にアクティベートされ、パーソナライゼーション、リマーケティング、リターゲティング、オファー管理などのリアルタイムなマーケティングインタラクションを促進します。これにより、分析の対象となるデータが実際にアクションを起こすときに使用するデータと完全に同じものとなります。

新旧のBI/EDWや可視化ソリューションを活用

一から始めるより、スマートに始めましょう。DataAccessを活用すると、コンシューマーインサイト技術への既存投資価値が高まります。このサービスを通じて利用可能なデータすべてが業界基準や世界的なデータ収集/保存のベストプラクティスに準拠しています。既に利用しているストレージや可視化ツールを使用することも、好きなタイミングで新しいツールを探すこともできます。Tealiumは、顧客が選択するツールについて一切干渉せず、1000件以上の統合をサポートしています。

 

消費形式の柔軟な選択肢

DataAccessは、顧客が扱いやすいように顧客データをさまざまな形式で提供しています。まずは半構造化データまたは構造化データを選択してみましょう。次は、リアルタイムが良いか、時間増分を用いるかを決めます。さらに、データを自分でホスティングするか、Tealiumにホスティングを任せるかを決めましょう。Tealiumがホスティングするオプションを選択する場合、データを適切に収集し、相関付け、即時利用可能にできるように、自動的にデータを変換し、標準のクラウドベースデータウェアハウスに読み込み、格納します。顧客は、クラウド上の新しいライブデータウェアハウスでお気に入りのレポート、分析、あるいは可視化技術を選択するだけです。

データの完全な所有

一部のデータプラットフォームとは異なり、 Tealium では、独自仕様のシステムのみにデータの使用が制限されることはありません。DataAccessは、さまざまな業界標準フォーマットでデータにアクセスできるオープンプラットフォームです。

DataAccessを使用すれば、顧客は1つに統合された非常に強力なデータサプライ機能を簡単な方法で活用できます。 商品の説明やデモについて、ぜひご相談ください。