ソリューション

パブリッシャのためのTealium

オーディエンスのコンテンツニーズを常に把握し続けていくことは、常に動き回るターゲットを捕らえるようなものです。ブランドのコンテンツ、新しい広告形式、およびコンテキストに沿ったプレースメントに関する広告主のニーズに合わせて、オーディエンスに対し、ポジティブなユーザーエクスペリエンスを調整しているのです。この混沌とした状況に秩序をもたらすには強力な基盤が必要ですが、これこそが私たちに実現できることです。

Woman sitting outside reading tablet device
利点:
  • クロスデバイス訪問者プロファイルを統一することで、顧客を完全に把握
  • 費用のかかる技術開発プロジェクトを行わずに、新しいマーケティング戦略や技術をすばやく評価
  • ビジネスルールを定義することで、常に訪問者に関する知識を深める。これにより、アフィニティの向こう側にあるインサイトを捕捉する。

ターゲティング、関連性、最適化、および頻度はクリックとコンバージョンを引き出すのに役立ちますが、価値の高いオーディエンスセグメントで既存のシステムを活性化すると、広告主にもたらされる利益が増え、収益化が改善されます。現代のマーケティングと広告は、ウェブとモバイルのインタラクションをサポートし、結果を得るために、かつてないほどデジタルマーケティングベンダーに依存しています。ベンダーソリューションはますますクラウドベースになってきたため、タグはクリーンでアクション可能なデジタルデータソースの最適なデータ収集メカニズムになっています。ただし、ベンダータグをデプロイして管理するプロセスは、タグ付けに伴う技術的な性質、多大な費用、およびタスクを実行するためのITリソースへの多大な依存により、困難になる可能性があります。Tealium iQ™タグ管理システムにより、簡単に新しいベンダータグをデプロイしたり、開発者に負担をかけることなく既存のタグを編集したりできます。補完的なTealium AudienceStream™ソリューションはTealium iQと連動して機能するデータ処理中心型ゲートウェイであり、強化されたマーケティングインタラクションを活性化する強力な訪問者プロファイルを作成します。AudienceStreamにより、新しく、価値の高いセグメントを発見し、複数のタッチポイントやデバイスにまたがるアクティビティを繋ぎ合わせて、広告技術パートナーやコンテンツ管理ベンダーに配信する訪問者プロファイルをエンリッチメントすることができます。AudienceStreamは、より高度なインタラクションを促進します。既存の広告システムやマーケティングシステムを活用して、成功を促進しましょう。

オーディエンスのエンリッチメント: 訪問者の行動に基づいて、より適切なセグメント化を行い、新しいオーディエンスを手に入れる

AudienceStreamを使用すれば、自分のサイトとオーディエンスのデバイス全体にわたってアクティビティを関連付け、特に価値の高いオーディエンスを見つけることができます。パブリッシャが定義した規則を使用して訪問者の行動をセグメント化し、簡単にテストやカスタマイズを行って、分析システムに入力できます。エンリッチメントされたこれらの訪問者プロファイルをデジタルマーケティングベンダーに配布し、セグメント化をより効果的に行うことができます。また、属性は増やしたり、集約したりすることもできるため、オーディエンスの重複をなくしたり、新しい戦略やアイデアを評価してそれらに即時に対応したりすることも簡単にできるようになります。

単一IDメトリック: 同じ訪問者のすべてのデジタルタッチポイントにわたり、メッセージを統一

クッキーを使用して単一ユーザーIDを識別するのは困難です。モバイルによるインターネットトラフィックがデスクトップでのインターネットトラフィックを上回っているため、デバイスをまたがってメッセージを簡単に統一できるかどうかが鍵になります。AudienceStreamを使用してユーザーの行動を複数のデバイスにまたがって相互に関連付け、1つのクロスデバイスプロファイルにまとめ上げることができます。この統一ビューを使用して、パートナーアプリケーションでメッセージングやタイミングの良いクロスデバイスオファーを統合し、ユーザーエクスペリエンスをパーソナライズして、エンゲージメントとコンバージョン率を高めることができます。

エンゲージメント: アフィニティとエンゲージメントのより深い測定を実現

エンゲージメントとアフィニティの測定は、ビジネス目標、コンテキスト、および測定対象に基づいて行うことができます。AudienceStreamを使用すれば、コンテンツ、製品、またはサービスに対するエンゲージメントまたはアフィニティの定義と測定の両方を行えます。これは、経過時間、ページまたは製品の表示状況、ダウンロード、チャットセッション、表示されたブログ、またはその他のタグ付けされたアクティビティなど、パブリッシャが定義した基準に基づくさまざまなメトリックを使用して行われます。これらのメトリックは、ビジネスインテリジェンス、ウェブ分析、または広告技術に関連する主要ベンダーと共有できます。

分割テスト: コンテンツ、ランディングページ、プログラム、およびベンダーをA/Bテスト

Tealium iQ Split Segmentation拡張機能を使用して、新しいセグメントを簡単に作成し、簡単なA/Bテストを実行することで、どのコンテンツ、ベンダー、およびマーケティング戦略がうまく機能するかを判別できます。これを行うことで、新しいコールトゥアクション戦略、新しいベンダー、またはパーソナライズされたコンテンツをテストできます。

高度なアフィリエイト管理: 顧客購入サイクルに貢献するベンダーのみに支払う

Tealium iQの条件付きロード規則を使用して、ベンダーによる顧客インタラクションを正確に管理できます。この機能により、特定のページの特定のコンバージョンに関して、成功したアフィリエイト(ラストクリック、ファーストクリック、ライナー属性など)にのみコミッションが支払われるようにすることができます。購入ファネルに貢献したベンダーのみに支払うことで、コストを削減できます。また、特定のアフィリエイトの有効性を判別するのにも役立ちます。

リマーケティング: パーソナライズされたEメールをリアルタイムに送信

タイムリーであることが重要です。エンリッチメントされたデータをデジタルマーケティングタグに組み込み、サイトのパーソナリゼ-ションツールと統合してコンバージョンを高めることができます。たとえば、ホームページのコンテンツを訪問者の購買傾向に合わせてパーソナライズしたり、 AudienceStream を使用して、コンテンツのインタラクションに基づき、関連するリアルタイムEメールを自動的に送信したりすることができます。このようなオファーがリアルタイムで行われた場合、有効性は40–55%高まります。Eメールのコールトゥーアクションを受け取った後、訪問者がサイトに戻った場合、コンバージョンの可能性は最初に訪問したときよりも高くなります。

ディスプレイ広告でのリターゲティング: 訪問者を呼び戻す、またはエンリッチメントされたオーディエンスデータを広告主に配信する

広告キャンペーンでリターゲティングした場合、2.5倍から3倍高いエンゲージメント率を得ることができます。このため、訪問者にオファーを再検討してもらいたいときは、AudienceStreamを使用してオーディエンスデータをエンリッチメントして、それらのファーストパーティセグメントを広告ベンダーに配信してください。広告ベンダーはそれらのセグメントをリターゲティングキャンペーンで使用できるようになり、訪問者がまだ迷っている間に、最新のリアルタイムコールトゥアクションを訪問者に送信できます。