<報道関係者各位>

2018年5月22日

~会員専用Webサービス「MyJCB」のお客様一人ひとりに対して最適なコンテンツを瞬時に提供可能に~

リアルタイムデータ統合ソリューションのTealium Japan株式会社(米本社:サンディエゴ、日本本社:東京都港区、代表取締役:Andy Clark、カントリーマネジャー: 安藤 嘉教、以下、ティーリアム)は、株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川 一郎、以下、JCB)が、ティーリアムのリアルタイムデータ統合ソリューションを導入したことを発表しました。JCBは、2014年から進めるマーケティングオートメーション化の一環として、会員専用Webサービス「MyJCB」でウェブ上のお客様のアクションをTealiumによってリアルタイムに把握し、機密性の高い個人情報を守りながら、ニーズに即して瞬時にコンテンツを出し分けるシステムを構築しました。

ティーリアムは、金融機関で導入実績のあるリアルタイム顧客データ統合ソリューション「Tealium Universal Data Hub」(読み:ティーリアム ユニバーサル データ ハブ。以下、Tealium UDH)によって、JCBのリアルタイムマーケティング施策実現を支援しました。Tealium UDHは、様々なチャネルやタッチポイント毎にサイロ化された顧客データを、IT部門に都度複雑なシステム連携を依頼することなく、マーケティング部門で常に最新の顧客データをとりまとめ一元的に統合・管理できるソリューションです。

Tealium UDHは、タグ管理と顧客データのリアルタイム収集を行う「Tealium IQTM」、収集した顧客データをマーケティングチャネルに連携させる「Tealium AudienceStreamTM」、統合された顧客データをデータベースとして蓄積しマーケティング活動に利用する「Tealium DataAccess」によって構成されています。Tealium AudienceStreamには『バッジ機能』があり、ターゲット顧客にバッジを動的に付与、変更することがパターン化できます。これにより、顧客情報の管理とコミュニケーションをリアルタイムでよりきめ細かく、容易に行うことができます。

■Tealium UDH導入によるMyJCB会員ページ イメージ

JCBカード事業統括部門 販売促進企画部長 杉原 志信 様はTealium UDH導入について、以下のように語っています。

「Tealium 導入により、リアルタイムなコンテンツの出し分けが可能になり、コンバージョンが改善しました。Tealiumに着目した最大の理由は、お客様一人ひとりの行動や属性の認識力です。例えば1人のお客様がJCB一般カードと提携カードのどちらでMyJCBにアクセスしているかを識別することができます。ツール選定時には他のツールではWebブラウザ単位でしか把握できませんでした。お客様を正しく認識できて初めて、お客様毎に最適なコミュニケーションやリアルタイムでのアクションが可能になります。」

Tealium UDH は、金融業をはじめ、小売業から製造業、メディア・出版業、旅行業まで、世界中の幅広い業界750社以上に導入実績があります。

【Tealium Japan(ティーリアムジャパン)について】 http://tealium.com/ja/

ティーリアムジャパンは、エンタープライズデジタルソリューションのユニバーサルデータハブ、リアルタイムデータ統合ソリューションのリーダー企業、Tealiumの日本法人です。あらゆるデジタルマーケティングアプリケーションと断片化したデータをシームレスに一元管理します。企業は、Tealiumのベンダーに依存しないオープンなプラットフォームにより、顧客データをはじめとするビジネス上重要なセグメントデータをリアルタイムに連携し、より収益性の高いオムニチャネルインタラクションやデータ統合・活用を実現できます。収集した高品質な自社保有データをビジネスインテリジェンスやデータウェアハウスで活用することができます。世界750社以上がTealiumを利用しています。

【ティーリアムジャパン担当】
マーケティングマネジャー コクラン久美子
Tel: 03-6629-3210
Email: kumiko.cochran@tealium.com

【報道関係者お問合せ先】
共同ピーアール株式会社 種倉、蔭島、上瀧
Tel: 03-3571-5238
Email: tealium-pr@kyodo-pr.co.jp