貴社の事業がファーストパーティデータ戦略に適しているか判断するための3つの項目

 In Customer Data Hub, Data

プライバシーの保護が重要視されている昨今、GoogleはサードパーティCookieを廃止すると発表しましたが、ファーストパーティによるデータ戦略がそれを補うことができるのではないかという話がWeb業界で話題になっています。

果たしてこれは真実なのでしょうか?実際、ファーストパーティデータ戦略は、基本的にどの企業(サイト・ドメイン)にもありますが、すべての企業でサードパーティCookieの問題を解決できるとは限りません。

なぜなら、顧客にとって、特定の企業と直接的に関係を持つことはそれほど魅力的ではないからです。ファーストパーティデータ戦略を効果的に活用するためには、何らかの形で顧客と直接つながり、このつながりに価値を生み出さなければならないのです。

以下では、ファーストパーティデータ戦略が自社の問題を解決するのに適しているかどうかを判断するための3つの項目を紹介します。しかし、もしこれらの項目全てに「はい」で答えられなくとも、ファーストパーティデータ戦略が重要であることには変わりありません。貴社にこの戦略が適しているかを判断するためにも、是非最後までご覧ください。

1、貴社ブランドは貴社の業界でよく知られていますか?

知名度の高いブランドは、顧客との直接的な関係を築く上で大きなメリットがあります。顧客は、自分の好きなブランドを販売している多くの店ではなく、直接そのブランドとファーストパーティ関係を結ぶ可能性が高いのです。どちらのブランドもファーストパーティデータから利益を得ていますが、一方は実際にその顧客のデータを得ることができても他方はできません。

ファーストパーティデータは顧客との直接的な関わりから得られるデータであるため、これを利用するには顧客との直接的な関係が必要です。しかし、貴社ブランドがあまり知られていなくても心配ありません。顧客が直接的な関係を築くことを強いられる理由は他にもあります。ただし、やはり知名度はファーストパーティデータ戦略にとって最大のメリットの一つです。今一度、貴社が貴社の業界でよく知られているのかを調査しましょう。

2、貴社ブランド(貴社の製品)は、独自性、革新性、もしくは斬新さがありますか?

もし貴社ブランドに注目すべきストーリーやアプローチ、哲学、製品があれば、顧客が直接関係を築きたくなる理由になります。最先端の製品を持つことで顧客のインサイトを刺激し、新しく行動するためのきっかけとなります。新しいものを発表する魅力と評判を作れば、人々は単に次の製品を見たいがために関係を持ちたくなるのです。

3、貴社は、貴社ブランドと定期的に交流することで顧客に大きな価値を与えることはできますか?

「定期的」という言葉の意味を知っていますか?定期的というのは、頻繁にという意味ではありません。一定の間隔でという意味です。

ファーストパーティデータ戦略は、ブランドと直接関わりを持つ理由があるという基盤の上に構築されます。時間の経過とともに顧客満足度を向上させる施策などがあれば、更新、最適化、ステージアップ、次の製品への移行といった側面からもその重要性がお分かりになるでしょう。顧客が「戻ってくる」理由は無限にあり、ブランドにそういう理由が多いほど、ファーストパーティデータ戦略が効果的になります。

ファーストパーティデータ戦略が適している業種

一部の業種は、実質的なファーストパーティデータ戦略の活用に適しています。特に小売業は、長期にわたって顧客と深い関係を築くため非常に適しています。

また、医療および金融サービス企業も、患者や顧客と直接的な関係を構築する傾向があります。それだけでなく、スポーツやエンターテイメントおよび旅行と接客業の企業も、ロイヤルティと高い生涯価値を生み出すために、既知の顧客に依存しています。

以上3つの項目や貴社の業種を踏まえ、貴社はファーストパーティデータ戦略の立ち上げや最適化に適していると思いますか? 貴社ブランドがファーストパーティデータ戦略からどんなメリットを得られるか知りたい場合は、今すぐティーリアムにご連絡ください!

Recommended Posts