プレスリリース

Tealiumは、アジア・パシフィック・ジャパンの副社長兼ゼネラルマネージャーにWill Griffithを任命

 ※本リリースは米国で現地時間2019年12月9日に発表されたプレスリリースの抄訳版です。 シドニー– 2019年12月9日:リアルタイムの顧客データオーケストレーションソリューションのリーダーであるTealiumは、本日、アジア・パシフィック・ジャパン( APJ )地域の副社長兼ゼネラルマネージャーにWill Griffithを任命することを発表しました。Griffithは以前、Marketoでオーストラリアとニュージーランドのマネージングディレクターを務め、豊富な業界とリーダーシップの経験を持っています。 「Tealium は、カスタマーデータプラットフォーム分野のリーダーとしてアジア太平洋地域での地位をさらに向上するにあたり、Willの入社を歓迎します。Willは、当社経営陣にとって驚くような人員補強です」とTealiumのCEO、Jeff Lunsfordは言います。「彼の幅広いスキル、業務への熱意、そして実績により、彼は成長率が高い地域の市場で地位を向上していけると確信しています。」と述べました。 Will はマーケティングテクノロジー業界で豊富な経験を持ち、2012年にマーケティング自動化ベンダーであるEloquaで初のAPJオフィスを設立しました。また、ANZ、インド、ASEAN、中国、韓国全体で製品を拡充に尽力しました。 「データ量は飛躍的に増加し続けていますが、同時に顧客の期待は、ブランドによるデータのより賢い活用を望んでいます。Tealiumは、顧客データの一元化をリアルタイムに提供することで、企業の顧客エンゲージメントとコンバージョンを高めることができます」とWill Griffithは言います。 そして、次のように付け加えました。「Tealiumはイノベーションの最前線にあり、APJ地域の企業が顧客データの価値を活用するのを支援しています。これが、Tealiumへの入社を決めた理由です。Tealiumがビジネスと地位において、地域全体で主要なカスタマーデータプラットフォームとして成長を続け、顧客へのリアルタイムデータを活用した優れたカスタマーエンゲージメントの提供を支援できることを楽しみにしています。」