Forrester Researchでは、今後オンライン小売業の売上は飛躍的な伸びを見せ、2019年には4800億ドルに達すると予想しています。この驚異的な数字は、Eコマース企業にとって非常に大きなチャンスですが、同時に、これまで以上に独自の訴求力のあるオムニチャネルカスタマー体験が重要となることも意味します。

Tealiumにより、オンライン企業は、すべてのタッチポイント全体を通じてカスタマーデータを統一し、包括的なカスタマービューのリアルタイムに構築して、すでに使用しているテクノロジーの範囲内で対応することができます。

信頼できるソリューション

「Internet Retailer Top 500 Guide」によれば、大手インターネット小売業者100社の25%がTealiumを利用しています。また、Tealiumは2015年のサイバーマンデー商戦で3.4ものタグを記録しました。さらに、上位25社のオンライン小売業者の実際のユーザータグレイテンシー指標を解析するGhosteryが選ぶ「最速タグトップ5」に2年連続でランクインしています。

プラットフォームの統合

Tealiumは、SAP HybrisやOracle Commerce、IBM Websphere Commerceなどの業界をリードするEコマースプラットフォームと深く、ネイティブに統合しており、マーケッターはベンダータグを管理し、これらのプラットフォームに直接、850以上のターンキーベンダータグの統合を柔軟に導入できます。これにより、マーケッターはモバイルやSNS、実店舗を含むすべてのチャネルに渡って、一貫したカスタマイズされたショッピング体験を創出しながら、お客様ごとに関連性の高いオンラインブランド体験を実現する多数のパーソナライズサービスを提供することができます。

タッチポイント全体を通じた統一

AudienceStreamを使用すれば、複数のデバイスに渡ってユーザーの挙動を正確に相関させ、クロスデバイスプロフィールを縫い合わせることができます。この統一されたビューを通じて、適切なタイミングでクロスデバイスオファーを提供することが可能になり、エンゲージメント率とコンバージョン率の向上に繋がります。

かご落ち(カート放棄)

リアルタイムデータを使用して適切なタイミングで適切なメッセージを送ることが、エンゲージメント率とコンバージョン率を大幅に向上するのに効果があることは実証済みです。バッチ処理されるデータを待ってから、カートを放棄したビジターに再エンゲージするのではなく、AudienceStreamの属性情報と挙動情報を、その特定のビジターにリマーケットまたはリターゲティングするのに最適なプラットフォームと即座に共有することができます。

柔軟なスプリットテスト

最もパフォーマンスが高いマーケティング戦略を選ぶには、Tealiumを使用して、簡単なA/Bテストを実行する新しいセグメントを作成します。これにより、新しいオファーやパーソナライズされたコンテンツ、または新しいデジタルマーケティングベンダーをテストすることができます。通常なら難しいこのタスクも、Tealiumなら異なるオンラインベンダーを相互に比較することで簡単にこなせます。このテスト結果をもとに、最高の結果をもたらすオファーやベンダーを選ぶことができます。

製品カテゴリのコンバージョン

今では、上位の製品や売れている製品、売れていない製品は簡単に分かります。ただし、AudienceStreamでは、成功または失敗にオンライン挙動がどのような影響をもたらしたかを理解することもできます。たとえば、製品カテゴリレベルでオーディエンス別にセグメントを分け、トラフィックチャネルやキャンペーン、またはキーワード別にインサイトを取得したり、高価値カテゴリが伸びている要因やマーケティング予算を継続してどこに投入するべきかなどを調べたりすることができます。

顧客生涯価値

もう平均注文金額に注目するのはやめて、もっと包括的な顧客生涯価値を理解することに注力するときです。定義されたAudienceStreamルールを使用してビジター挙動を分類すれば、テストやカスタマイズ、分析システムへの入力も簡単に行えます。また、これらの属性は増やしたり、集計したりすることもできため、簡単に新しい戦略やアイデアを評価してただちに実行することができます。