ジューンティーンスを通してテック業界の黒人リーダー達に敬意を表そう

 In Inside Tealium, ニュース

今年のJuneteenth(ジューンティーンス)は、土曜日に当たります。

ジューンティーンスとは、テキサス州ガルベストンの元アメリカ人奴隷達が、1863年1月1日のエイブラハム・リンカーン大統領の「奴隷解放宣言」によって解放され、南北戦争が終結した日を記念した祝日です。

ティーリアム社は、奴隷解放運動についてより深く学び、ジューンティーンスの重要性を認識したいと思っています。

私たちは本記事を通して、テック業界の歴史上初の取り組みを行った、影響力のある黒人リーダーたちの素晴らしい業績をたたえたいのです。各自が、それぞれのコミュニティやテクノロジー業界全体に変化をもたらしています。以下は、有色人種をより包括的にするために、テック企業に何ができるか彼らの考えをまとめたものです。

影響力のある黒人テックリーダー4選

クリス・ヤング:Microsoft ビジネス開発担当EVP

クリス・ヤングは世界で重要視されるデータプライバシーとサイバーセキュリティををより安全にするだけでなく、ネット環境をより良い場所にするために貢献してきました。McAfeeの元CEOで現在はMicrosoftのEVPでもあるクリスは、かなり長い間、テック分野のリーダーを務めてきました。10億ドル規模のサイバーセキュリティ企業であるMcAfeeを3年間率いた後、クリス・ヤングはMicrosoftで指導者的ポジションを果たし、事業開発、戦略的パートナーシップおよびアライアンス、およびジョイントベンチャーの陣頭指揮を執っています。

クリス・ヤングはSilicon Valley Business Journalに、白人警察に殺害された黒人男性であるジョージ・フロイドに代表される人種的不平等に真の変化を起こすためには行動を起こすことが重要であるという記事を書きました。クリス・ヤングは「人種的不平等は、何世代にもわたる社会課題です。全世代で団結して人種的不平等に対して行動することが、解決に向かう唯一の道である」と記しています記事全文は こちらで読むことができます。

ミッチー・スミス: Googleセキュリティ&プライバシー、プロダクトマネージャー

ミッチー・スミスは、ロチェスター工科大学でコンピューター・サイエンスの学位を取得し、Microsoftで11年以上のキャリアを経て、Google Cloudのプロダクトマネージャーとして長年働いている熟練職人です。ミッチー・スミスは、顧客がデータをクラウドに安心して保存できるように、データプライバシーの管理の構築に情熱を注いでいます。

ミッチー・スミスが情熱を持っているのはそれだけではありませんミッチー・スミスは、テクノロジー業界に黒人女性をもっと受け入れることに関して、とても積極的に活動しており、少数のコミュニティに光をあてようと努力しています。Refinery29の記事で、ミッチー・スミスは「テック業界全体で、多様性を重んじた採用を行ったり、多様性に関する取り組みを行いながら、「優秀な人材を採用したい」という発言をすると、優秀な人材を採用することと多様性を重んじて採用することは矛盾していると指摘されることがあります。優秀な人材を採用することと多様な人材を採用することは、相反する目標ではなく、お互いに補完するものです」と言っています。

アイム・アーチボング:Facebook 新製品実験責任者

New Product Experimentsの責任者であるアイム・アーチボングは、急速なテクノロジーの成長をリードし、多くの起業家チームを率いながら、さまざまな製品をテストして、人々の生活に有意義で良いな影響を与える革新的なソリューションを生み出しています。

 

アイム・アーチボングは印象的なキャリア成長の象徴であるだけでなく、Facebook社内に存在する「従業員のための実質的な黒人リーダー」という黒人コミュニティにおける重要なリーダーでもあります。Black Lives Matter運動の間、多くの従業員がアイム・アーチボングに目を向け、彼がアメリカでの黒人男性としての経験を社内で語りました。

アイム・アーチボングはプロキットとのインタビューで次のように述べています。「テック業界が人種差別撤廃を実現するには、黒人が業界内で地位を確立する必要があります。」「サービスを提供しようとしている業界を代表する地位につく必要があります。 今は技術職についています。テック業界の黒人技術者の地位を見てきましたが、みんな、自分は必要とされていない、ふさわしいと思われていないと感じていました」。

オラビシー・ボイル:ヒュンダイのプロダクト&モビリティ担当副社長)

IBM、GTE(現在のVerizon)、フォード、クライスラー、Visa―これらはオラビシーが発展に貢献した会社のほんの一部です。VisaでIoT担当副社長を3年間務めた後、オラビシーは2020年8月にヒュンダイのプロダクト担当副社長になりました。彼女の主な仕事は、ヒュンダイ自動車の戦略的方向性を導き、コネクテッドカー技術や未来のイノベーションを含むモビリティ戦略を主導することです。

機械工学、工業工学、物理学の学位を持つオラビシー・ボイルは、テクノロジーに興味を持っている黒人女性に対して、次のようにアドバイスしています。「知識を得て成長し、他者があなたに否定的なことを言ってきたとしても、堂々としていましょう。恐れずに飛び込んでいきましょう。あなたのタメになるかもしれません。」

Yahooとの記事の中で、オラビシー・ボイルはテック企業に対して、「多数派中心の空間で帰属意識を感じられないマイノリティが現実に受けている影響に共感し、マイノリティが帰属意識を感じられない理由を理解していないふりをしないように」と呼びかけています。

黒人種のテックリーダーたちは、本記事に掲載した以外にもたくさんいます。共通して言えることは、テック業界には行わなければならない仕事がもっと多くあるということです。 より多くのテック企業が、包括的であることの真の意味について勉強したことで、業界の皆が協力して真の変化を生み出すことができると期待しています。

ジュンティーンスは覚えておくべき重要な日ですが、私たち全員が成長し続け、学び、そして一人一人がどうやってより良いことができるかを熟考する中で、一年を通してこの日の意味を伝えることがさらに重要です。

Recent Posts
Tealium Funding 2021