NEC、ティーリアム導入でABM の効果を高め、商談化率8 割以上を目指す

 In

~モバイルユーザーやアノニマスの行動を可視化し、広告のROI 向上や商談までの効率化を実現~

2019年9月11日 (JTS)
リアルタイム顧客データ統合ソリューションのTealium Japan株式会社(米本社:サンディエゴ、日本本社:東京都港区、代表取締役:ニック・デニス、以下、ティーリアム)は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長 兼 CEO 新野 隆、以下、NEC)が、ティーリアムを導入し効果が出ていることを発表しました。

ティーリアムは、リアルタイム顧客データ統合ソリューション「Tealium Customer Data Hub」(読み:ティーリアム ユニバーサル データ ハブ。以下、Tealium CDH)によって、NECのオウンドメディア「Wisdom」を訪れるモバイルユーザーやアノニマス訪問者のリアルタイムな行動を可視化し、広告のROI 向上や商談まで営業活動の効率化を実現しています。

Tealium CDHは、企業がMAツールや分析ツールなどのマーケティングテクノロジーで分散して管理された顧客データを、リアルタイムに統合・連携・共有し、タイムリーで精度の高い顧客プロファイルを元に顧客の即時のニーズを把握した顧客体験の向上やビジネス意思決定を実現するソリューションです。このTealium CDHは、様々なタッチポイントに散在する顧客データをリアルタイムに収集するタグマネジメントソリューション「Tealium IQTM」と、収集した顧客データをMAツールやリコメンデーションツール、リタゲ広告などへリアルタイムに連携するCDP 「Tealium AudienceStreamTM」、リアルタイムに統合される常に最新で洗練された顧客データにアクセスが可能な「Tealium DataAccess」によって構成されています。

Tealium AudienceStream™では、「ビジタースティッチング」の機能によって、アノニマスの状態からデバイスにまたがる訪問者の行動を顕在化し、会員登録後にアノニマス時の行動とIDを紐付け、訪問者の趣向やニーズの理解を深めることができます。

■Tealium CDH導入によるNECの顧客データ連携イメージ

■Tealium CDH導入によるNECの顧客データ連携イメージ

NEC IMC 本部 本部長代理 東海林 直子 様はTealium CDH導入について、以下のように語っています。

「B2C 企業と比較して施策に回せるターゲットの母数が限定されがちで、動向も掴みにくいと考えていましたが、Tealium によって、B2B 企業でもアノニマスの再来訪を促すことができ、実際に多くの再来訪を得られたのは驚きでした。このときは、アノニマスの状態から2,000 以上の会員ID が確認でき、行動を可視化できるユーザーが大幅に増えました。」

さらに、「Tealium を活用した施策では、訪問時にすでに確度の高いお客様へ訪問でき、リードタイムを短縮できるようになりました。MAだけの場合と比べて、商談化率が大幅に向上した施策も出てきています。」

Tealium CDH は、NECのような B2Bの製造業から、金融、メディア・出版、小売、旅行業などB2Cの業界まで、世界中の幅広い業界 約900社に導入され、各社が顧客データ戦略の強化と顧客体験の向上を実現しています。

NECの事例全文については、こちらをご覧ください。