Tealium for Mobile

データのライフサイクル全体にわたってモバイルデータを運用化する統合アプローチ

新しいデータ種類が登場しても、古いタイプのデータは置き換えられず、新しいデータが追加されるだけです。テクノロジーが進歩し、データ量が増えるにつれて、デジタルトランスフォーメーションの最重要点はデータの柔軟性であることがはっきりとしてきました。柔軟性とは、データを取得し、変更・統合を行い、届ける必要のある場所へ送信できることです。これが意味するのは、重要過ぎるとも言えるモバイルデータすべてを含むデータを組織が管理する手法は、包括的な基盤を実現する手段として、柔軟性に基づいて構築する必要があるということです。

 

Tealium for Mobileを使用すれば、ブランド企業は、ワールドクラスのカスタマーエクスペリエンスを提供する総合的なデータサプライチェーンの一部として、あらゆるモバイル顧客データを取得、統合、提供できるようになります。

すべてのデバイスに対応したエンドユーザー向けシングルビュー

すべてのデバイスに対応したエンドユーザー向けシングルビュー

Tealium for Mobileの主なメリット

スタートから関連付けられた統合アプローチ – テクノロジースタック全体にわたってデータを分散させる前にデータ収集ストラテジーをたった1つ作成するだけで、さまざまな大きなメリットが得られるようになります。データは収集後ではなく収集時に関連付けられるので、必要となるデータの後処理は減ります。データは、ルールごとに収集されたときに、直接標準化され、複数のツールにわたって簡単に再利用できます。

新しいベンダーをプラグアンドプレイで簡単に –Tealium for Mobileがデータサプライチェーンに統合されると、新しいベンダーの切り替えは数回のクリックによる設定で完了します。短絡的で範囲の狭いポイントツーポイントソリューションをセットアップするために、アプリストアでの長々とした再送信処理や手間のかかる反復作業を行う必要がなくなります。

組織全体でメリットを活用しやすいデータであるモバイルデータを企業は使用できるようになり、IT部門への要求は減少します。セットアップすれば、マーケッターは、IT部門へ長々と要求することなく、データを活用できるようになります。IT部門は、反復を必要とする退屈な統合を行う代わりに、価値の高い機能の構築に集中できるようになります。ビジネスインテリジェンスの専門家たちは、その他ビジネスに利用するのと同じデータを分析、使用できます。

データ受け渡しの包括的な選択肢 – データは2つの異なる方法で収集され、配信されます。タグを使ったクライアントサイド(ブラウザベース)と、API経由のクラウドベース(サーバーサイド)の配信です。Tealiumは、ユーザーに、ビジネスと戦略的ニーズに基づいた選択肢と選択する技術を提供します。

簡素化されたSDK管理 – Tealiumでは、UDHへのデータ送信を簡単に始められるインストールライブラリを提供しています。各ライブラリには、インストールを完了してすぐに実行できる簡単なセットアップ処理が用意されています。Tealiumのライブラリは、オープンであることを重視して設計されています。つまり、Tealiumを一度インストールすれば、コーティングの追加やレビューを必要とすることなく、すぐにアクセスしてTealiumの統合マーケットプレイスのデータを使用できます。

必要なときにどこででもデータをストリーミング — すべてのデータまたは一部のみ – すべてのデータまたは一部のデータをさまざまな実行システムにリアルタイムでストリーミングする能力は大きなメリットになります。こうした実行システムでは、顧客エンゲージメントに関するアクション(Eメール、広告、パーソナライズなど)の推進やデータのさらなる分析や可視化(アナリティクスシステム、データレイク、データウェアハウスなど)のためにデータを使用できます。データの配信先が(データソースと同様に)増えると、データサプライチェーンの価値は高まります。

業界有数の統合マーケットプレイス – Tealiumでは、1000以上ものクライアントサイド(ブラウザベース)統合ならびにクラウドベース(サーバーサイド)のオーディエンスおよびイベント配信コネクターの拡張マーケットプレイスを提供しています。

aetn_logo

A&E Networksから、Web、モバイル、RokuなどのOTTストリーミングデバイスで動画が表示されたときの動画エンゲージメントトラッキングの強化にTealiumを活用していることを伺いました。

Check out even more on Mobile