Tracking and Delivering Data Client-side or Server-side: Advantages and Disadvantages

特定のデータは、クライアントサイドでのみ使用できますが、サーバーサイドのデータ管理にも数多くのメリットがあるので、どのようなメリットがあるか理解しておく必要があります。

クライアントサイドとサーバーサイドは、データを収集して送信する2つの方法です。しかし、それぞれの手法ごとに、メリットと欠点があります。Tealiumではクライアントサイドとサーバーサイドの両方の選択肢を提供しているので、お客様は、データ戦略、ビジネスニーズ、予算の面で適切な選択肢を選ぶことができます。

クライアントサイドとサーバーサイドのいずれかを選択する

クライアントサイドとサーバーサイドのどちらでデータのトランキングおよび/または送信を行うかを選ぶ方法を知りたい場合、あるいは両方の選択肢が必要な場合は、当社のクライアント vs. サーバー決定ツリーをご確認ください。

クライアントサイド/サーバーサイドトラッキングとは何ですか?

Client-side Tracking
クライアントサイドのデータ送信は、通常、タグというWebページからデータを送信する最も一般的な方法で実現します。このタイプのトラッキングには、ユーザーのブラウザ(クライアント)からサーバーへの直接的なデータ送信が含まれます。こうした方法はWebサイトからデータを収集してマーケティングテクノロジーベンダーに共有するために使用し、タグ管理と呼ばれています。

サーバーサイドトラッキング(クラウド送信)
Server-side data management, also known as cloud delivery, is when a pixel or tag sends data into your web server (or a different type of server), then your web server passes that data to the destination system/server. This data could be used by a marketing automation platform, analytics provider, personalization tool or another type of execution system.

When a single, consolidated pixel or tag is used instead of one tag/pixel per destination system, this is called an event gateway system (also known as an API Hub), with one example being Tealium EventStream. This is where one, central system functions to collect all data, then that system relays data to third-party vendors. This action simplifies the collection and delivery process by sending one data stream to a cloud-based repository, and then the data is sent to your vendors.

クライアント側トラッキングの利点

コンテキストデータ
Client-side tracking has the advantage of taking place on the user’s device, giving direct access to user-specific data, such as cookies, URL parameters, user agent, referrer, and IP address. By collecting on the client, you can easily collect and track all of these pieces of information to use to trigger other actions. Data like cookies are commonly used for ad targeting. Location data can be used for personalization among many other uses. And URL parameters and/or user agent are typically used to analyze marketing campaigns and customer engagement.

 

Google Publisher Tagなど、特定のクライアントサイドタグがあり、OptimizelyやCertonaでは、体験のパーソナライズ、訪問者への広告や動的コンテンツの表示を行うには、こうしたリッチなコンテキストデータの取得をブラウザ側で実行する必要があります。

Ease of Implementation, Availability of Expertise/Knowledge
クライアントサイドのトラッキングには、インストールが簡単であるという利点もあります。多くのベンダーは、コピー&ペーストのような簡単なコードスニペットを提供しています。クライアントサイドトラッキングタグも長年使用されてきており、業界共通のものとなっています。

コストが低く、安いのが一般的
クライアントサイドトラッキングでのデータ送信コストは通常は低くなります。サーバーサイドでの送信は、ターゲットユーザーのデバイス上ではなく、クラウド上のサードパーティベンダーのリソースを使用するため、コストが高くなります。

Advantages of Server-side Tracking

管理しやすく、精度と信頼性が高い
クライアントサイドのトラッキングには何百万ものデバイスとシナリオが潜在的に含まれており、データ送信に何らかの大きな影響を与える可能性が高まります。サーバーサイドトラッキングは、データ管理の範囲が大幅に低下し、企業は送信を制御しやすくなるので、通常は信頼性が高くなりますが。サーバーサイドトラッキングは、接続干渉や過剰な広告ブロッカーがインストールされるなど、クライアントサイドの問題に起因するデータの障害の影響を受けにくくなります。

Application and Device Performance
サーバーサイドトラッキングには、クライアントのデバイスの処理負荷を抑えてクラウドに移転するというメリットもあります。クライアントデバイスの処理を減らすことにより、アプリケーションやデバイスのパフォーマンスが向上します。電力消費量が減ったアプリケーションの速度は早くなることで、カスタマーエクスペリエンスは改善されます。コンバージョン率を大幅に改善することも可能になります。

Get the Benefits of Both
The Tealium Event Data Framework gives you options for data management both client-side and server-side. Gain agility to leverage data as needed by your customer’s venue or your company’s technologies. Get the details.

Data Layer Approach: The Key to Unlocking the Benefit of Client/Server Tracking Optimization

Nimbly tracking and delivering data on either the server or client-side is not easy without taking steps to establish a data foundation that simplifies the process of defining and accessing data. Establishing a modular and vendor-neutral data foundation unlocks the maximum benefits of optimizing the client-server data management balance. Tealium takes a data layer approach (combined with an easy-to-use management interface) to establish a taxonomy of data that can be accessed from any location customer engagement occurs. This greatly simplifies the process of leveraging data, whether done client or server-side.

client_vs_server_tree_01

適切なソリューションは?

あらゆる状況でデータの収集および配信におけるクラウド配信(サーバーサイド)を保証できる、あるいは実現できるわけではありません。従来のクライアントサイドのタグが最適なソリューションとなる場合も多く、同一のプラットフォーム内に従来のデータ管理プラクティスと新しいデータ管理プラクティスの両方に対応した柔軟性の高い機能を持つことが必要不可欠になります。

クライアント vs. サーバー決定ツリーで、クライアントサイドとサーバーサイドの管理を選択する上で必要不可欠な検討事項と、どんなときに両方の選択肢が必要になるかを学びましょう。