FORRESTER THOUGHT LEADERSHIP PAPER
現代企業の成功を左右する顧客データの成熟度

今後の事業の方向性を定めるための顧客データ戦略の評価

forrester_tealium_customer_data_maturity_thumb_01
forrester-rgb_logo

組織における顧客インサイトの重要性が高まるにつれ、顧客データから有用な情報(インサイト)を抽出して組織内のプロセスに活用するアナリティクスは、ビジネス変革の第一線で活用されています。こうした発展に伴い、顧客インサイトの役割も単なるマーケティングファネルにデータを入力するツールではなく、不可欠な変革を実行する戦略的ビジネスパートナーとしての役割へと進化しています。データの役割が変換したことでもたらされるチャンスを掌握するため、企業は慎重に戦略的な計画を積み上げていく必要性に迫られています。それにはまず、現状の企業力とニーズを明確に評価することから始めなければなりません。分析データが増えると、データ分析は単なる情報という枠を超えてビジネス戦略のツールとしての役割を果たすようになってきます。このデータの役割の変化によってもたらされる機会を捉えるには、企業は緻密な戦略を立てる必要があります。それにはまず現状の能力をニーズを冷静に評価する必要があります。

「今後の事業の方向性を定めるための顧客データ戦略の評価」で以下の内容をご確認ください。

  • 顧客データ戦略を立てる上で重要となる 6 本の柱
  • 組織のデータの成熟度を評価する方法
  • 顧客データの統合が顧客データ戦略全体において重要である理由

「今後の事業の方向性を定めるための顧客データ戦略の評価」(Forrester ConsultingがTealiumの委託により実施した調査)をぜひ貴社の戦略立案にお役立てください。

調査結果をダウンロード

本調査結果は無料です。下記のフォームにご記入ください。

私達はお客様のプライバシーを尊重し、個人情報を販売・貸出・共有することはありません。

Resource Type: Whitepaper
Topic: Data Orchestration