レポート

消費者データプライバシーレポート

2021年度版

データプライバシーに対する信頼性は、企業にとって競争上の差別化要因となるほど、非常に大きな影響力を持っています。例えばAppleでは、2019年にウェブサイトのプライバシーに関するページを大幅リニューアルし、プライバシー保護の啓発に力を注いでいます。つまり、プライバシー保護は金銭的な影響だけではなく、消費者との信頼や生涯にわたるブランドとの関係を構築するうえで、より大きな影響をもたらします。
Tealium 消費者データプライバシーレポート』では、ブランドとの関係や個人データのプライバシーについて1,000人の消費者を対象に調査しました。その結果、現在の企業戦略がお客様との関係にどのような影響を与えているかを知ることができました。同時に、現代の消費者の期待に応え、信頼を構築するために、実務と規約を変更するための具体的な方向性を示しています。

本調査レポートにより、以下の内容がご覧いただけます。

  • 半数以上の消費者(59%)が、企業が自身の個人データを適切に扱っていると考えていますが、71%は自分のオンラインデータを完全にコントロールすることは不可能だと考えています。
  • 40%の消費者は自分自身を除くと、データ保護に最も責任があるのは企業だと考えています。これは連邦政府よりも高い割合です。
  • ブランドには、自社のデータポリシーについて、より透明性を高める余地がたくさんあります。消費者の3分の1強(38%)が、ブランドのオンライン利用規約を必ず読むと答えており、残りの消費者はブランドが正しいことをしてくれると信じています。
  • ブランドは信頼されていますが、それは不安定なものでもあります。信頼するブランドがデータ利用で失敗した場合、許すかも知れないと回答したのはわずか15%でした。

今すぐダウンロード

Resource Type: Whitepaper
Topic: Customer Data Platforms, Governance, Predict, Privacy
Product: AudienceStream Customer Data Platform
Business Issue: Data Governance (Compliance), Data Readiness, Digital Transformation, Single View of the Customer (Infrastructure)