製品

Tealium iQのデータガバナンスとグローバルなプライバシー規定コンプライアンス

データ保護とプライバシーの国際的なコンプライアンスは重要です。Tealium iQタグ管理システムでは、ベンダーをとりまくデータやプラクティスを正確に管理することができます。

IT Guy Sitting in Data Center
利点:
  • Tealium iQシステムを通じて管理している任意のタグについて、機能のオプトインまたはオプトアウトが可能
  • グローバルなコンプライアンスのために、タグの導入に関わるデータやプラクティスを標準化
  • 管理されていないタグについてサイトをスキャンし、データ漏洩の危険性を評価

訪問者について豊富な情報を得るために、マーケッターは収集するデータに依存し、それを利用して閲覧体験を改善しているため、管理されていないタグは潜在的なリスクを表します。管理されていないタグがあると、機密事項の可能性がある情報の交換を制御することが難しくなり、最新のプライバシー保護基準や規制を常には遵守することができない場合があります。Tealium iQは、地域ベースのプライバシーコンプライアンスをサポートしており、数分のうちに企業を世界規模のEプライバシーに準拠させられます。

新しいプライバシーウィジェットのご紹介

Tealium iQのプライバシーウィジェットなら、オンライン訪問者にオプトインあるいはオプトアウトの選択をどのように提供するかを柔軟に管理することができます。Tealium iQのプライバシーウィジェットを使用すれば、サイトの訪問者は訪問中に受け入れるタグやクッキーについて完全に制御することができます。

グローバルなコンプライアンスに対応

世界的にウェブを展開している場合、国によっては、オンライン訪問者について企業が収集できる情報の種類や、どのような選択を許可する必要があるかを極めて具体的な法律で規定している場合があります。すべてのタグについてその国のプライバシー規制に準拠させる必要があるため、数十個にもおよぶタグでデータを収集しているデジタルマーケッターにとって、これは悩みの種となります。Tealium iQは、地域ベースのプライバシー規定への準拠をサポートしており、組織は国ごとに基準を適用して、各ベンダーのデータの収集方法を厳密に管理することができます。

データを保護

データは宝の山であり、タグベンダーはそこに手を伸ばしてきます。Tealium iQなら、どのベンダーにデータへのアクセスを許可するかを制御できます。一部のサードパーティベンダーは、許可を与えていない機密データを収集しており、そのデータがどのように使用され、共有されているのかわからない場合も多くあります。Tealium iQは、常に情報を提供し、各ベンダータグのデータ収集プラクティスを監査し、収集されたデータを制御できるようにしています。オンラインベンダーの管理に加えて、Tealium iQは、すべてのウェブページにわたって、ページの場所から内部の所有権まで、タグがどのように動作しているかを把握することもできます。

ベンダー間でデータ定義を標準化

企業にとって重要な課題の1つは、ベンダー間でデジタルデータの定義を標準化することです。オンラインベンダーの多くは、独自の構文に基づきデータを収集し、定義します。Tealium iQなら、データを1度定義すれば、すべてのデジタルベンダーで自動的に標準化されます。これにより、ベンダーの用語体系の中でのみデータを公開するという制限が取り払われ、さまざまなタグのついたデータをアクション可能なソースに相関させることが簡単になります。

カスタム機能のDo Not Trackをサポート

Tealiumは、最近のブラウザのDo Not Track機能をサポートしているため、デジタルマーケティングベンダーがこの仕組みをサポートしていない場合でも制御可能です。