Universal Data Hub

Tealium Universal Data Hubにより、データサプライチェーンでのパフォーマンスが向上します。

製品

データサプライチェーンで顧客データを管理する

データ収集

データを収集する方法はデータの使用方法に影響します。Tealiumでは、Webサイト、モバイルアプリケーション、デバイス、キオスク、サーバー、ファイルなどのソースから総合的に顧客データを収集しています。

ベンダー実装: 「タグ」コード(JavaScript、ピクセル)などのファーストパーティ/サードパーティトラッキングを設定/公開して、WebサイトなどのプロパティやAPI、自社独自のカスタム統合を追跡できます。中央のデータ収集ハブからアナリティクスやメディアサービスなどのテクノロジーベンダーを有効化できます。

データの標準化

考えられるあらゆる方法でデータを使用して、最前線でのわずかな仕事で大きな効果があがります。

データ編成:顧客データを編成して、統一されたタクソノミー、階層、分類、構造を持つ企業にとって共通のデータディクショナリーの役割を果たすユニバーサル「データレイヤー」に投入します。

データ品質:イベント仕様を使用して、流入してくるイベントデータに必要なデータ要素を割り当てます。使用を満たしているか、注意が必要かを精査しライブデータフローを監視します。

データの変換およびリッチ化

洞察や価値を構築して、テクノロジースタックと組織全体でフロー化できるポータブルで顧客重視のデータ資産に投入します。

データの組み合わせ:ソースのデータを組み合わせて計算された新しいデータポイントに変換します。変換の例には連結、解析、参照テーブル、数値計算などがあります。

顧客プロファイル、スティッチング、アイデンティティの解決:ソースのデータでリッチ化された実行可能なプロファイルを作成/持続します。プロファイルには、個人を識別可能な情報(PII)やカスタム作成された個人の属性を含めることができます。カスタマイズできる信頼性の高い識別子に基づき、セッション、デバイス、結合されたデータセットを横断してリアルタイムで継続的なプロファイルのスティッチングを実行し、スティッチング時の訪問者のすべてのカスタム属性を再計算中にアイデンティティを解決します。

データ統合

Tealiumでは、柔軟性の高いAPI、ライブラリ、接続に加え、1000以上もの事前に構築されたターンキー統合を備え、市場で最大の統合エコシステムを提供しています。

データ・シンジケーション:タグ、API、データレイヤーをリッチ化するためのローカルストレージなど、多種多様な統合機能を通じて、送信先となるあらゆるエンドポイントへ顧客データを送信します。アウトバウンドデータは、イベントデータ、プロファイルデータ、データの完全なFirehoseやデータのサブセット/フィルタリングされたストリームで構成できます。

データのアクティベーション

Tealiumではアクション命令(例:表示キャンペーンの追加/削除、Eメールの送信、テーブル内のデータ更新)を、APIコネクタ経由で、サードパーティのマーケティングテクノロジーサービスに送信します。

データへのアクセシビリティ:複数の機能を取得し、Tealiumにアクセスしてイベントデータとプロファイルデータの両方を抽出して、データレポジトリとデータ分析/視覚化用に使用されるツールに投入します。フォーマットには、フィード、ストリーム、ホスティングされたクラウドデータベースが含まれます。

マシンラーニング対応:保存されたデータでモデルを実行して、オムニチャネルターゲティングやアクション用の予測スコアを使用します。ターゲティングやカスタマーエクスペリエンスの運用時に出力された自社独自のマシンラーニング結果も活用します。

lock_blue_large_01

データガバナンスのオーバーアーチング:セキュリティ、プライバシー、コンプライアンス

この手法の副産物として、組織はデータガバナンス(ホワイトペーパー)(データシート)機能を取得して、急速に進化していくデータセキュリティ(データシート)、プライバシー、法令順守の環境(チェックリスト)に対応していきます。法的な考慮事項に加えて消費者の反応により、組織はデータを管理するか、大きな反響に苦しむことになります。

お客様のご希望どおりに

カスタマイズされたデモの間に、お客様に詳細を説明し、お客様の特定のニーズに関する質問にお答えいたします。