標準化してデータの使い勝手を良くする

多くの場所からのデータと連携することが困難な場合もあります。最前線のわずかなセットアップで、データの使用/分析を容易にできるという大きなメリットを創出できます。

Data collected through Tealium iQタグ管理Tealium EventStreamを通じて収集されたデータはデータレイヤー内で標準化され、顧客のエンゲージメントや分析においてデータの使用が促進されます。

データレイヤーアプローチを導入する

Tealiumでは、データレイヤーを作成して、データのポータビリティと理解を可能にするこうしたタクソノミーと個々のデータをマッピングするツールを提供しています。

拡張を使用して収集時にデータを変換

データの標準化に拡張を使用することにより、収集されたデータは、他のシステムで使用する際に適宜変更したり、他のユースケース中にデータの品質を高めたり、データのセキュリティを向上させたりできます。

データ品質を維持

データレイヤーアプローチと組み合わせることで、イベント仕様を設定して収集データを視覚的に検査して、データのフローをライブイベント機能で想定したとおりに実現できます。

顧客から寄せられる意見

Domino’sでデータを第一級オブジェクトに変える
Domino’sのEコマース開発運用ディレクターのジェイソン・マクマンは、デジタルトランスフォーメーションを目の当たりにしてきました。現在では、Domino’sの売上の50%以上がデジタルチャネルを占めています。単なるピザの販売から始まった、現地に根付いた宅配ピザ企業をEコマース企業に変革させることは容易なミッションではありませんでしたが、Domino’sの近年の収益には、こうした取り組みの価値がはっきりと現れてきました。

お客様のご希望どおりに

カスタマイズされたデモの間に、お客様に詳細を説明し、お客様の特定のニーズに関する質問にお答えいたします。