変換とリッチ化により価値の高いデータ基盤を構築

データにより顧客への理解が促進されます。データを顧客プロファイルに蓄積することにより、カスタマーエクスペリエンスのアクションを自動化するデータ編成が可能になります。

データが標準化されると、変換とリッチ化の準備が整い、シングルカスタマービューが作成(顧客に対する洞察がビジネスルールに基づいて構築)されます。こうしたビューは、ベンダー中立アプローチを使用してチームやテクノロジーを横断してデータをアクティベートする上での基本になります。

tealium_audiencestream_cdp
6

アイデンティティの解決を使用してタッチポイント全体の継続的なカスタマービューを作成

Tealium AudienceStreamカスタマーデータプラットフォームの一部である、特許を取得したTealiumのVisitor Stitching機能により、自社独自のアイデンティティの解決ストラテジーを使用して顧客ごとのリアルタイムなシングルビューを作成するための技術的基盤を提供します。

AudienceStreamカスタマーデータプラットフォームは、顧客のタッチポイント、チーム、テクノロジーを横断して顧客データを編成する中心的なハブになります。

訪問と訪問者レベルのデータの連携

生のイベントデータには顧客行動に関する洞察の種が含まれていますが、こうした基本的な構築用ブロックデータは、顧客レベルのインテリジェンスに変換する必要があります。

tealium-audiencestream-audience-sizing

属性、ルール、アクションの構築

最適な手段で顧客データを組み合わせてリッチ化します。お客様が定義した属性を用いて洞察を構築してデータに直接投入します。自社のビジネスルールに基づいてアクションを自動化します。

顧客から寄せられる意見

Utah Jazzがデジタルプロパティを横断して顧客データを編成した方法
このインタビューでは、Utah Jazzのマーケティングアナリティクスのシニアディレクターであるジャレッド・ジャーツ氏により、Tealiumによってどのように顧客データの編成が後押しされ、複数チャネルを横断して関連性の高いリアルタイムな体験の提供が可能になったかが語られました。

お客様のご希望どおりに

カスタマイズされたデモの間に、お客様に詳細を説明し、お客様の特定のニーズに関する質問にお答えいたします。