配信用データの統合

ユーザーを深く理解することは大切です。その理解をカスタマーエクスペリエンスアクションへと自動化することは非常に価値があります。

Tealium AudienceStreamによりデータが収集、標準化、変換、リッチ化されると、顧客のアクションへの準備に関するリアルタイムビューを閲覧できるようになります。このビューでは、訪問者またはイベントレベルのデータを活用でき、統合を通じたクライアントサイドまたはサーバーサイド経由でアクティベーションできます。

業界有数の統合マーケットプレイスにより簡単に

お客様のデータ接続先が増えるほど、データからもたらされる価値も高まります。1000以上ものターンキー統合を持つTealiumのマーケットプレイスは業界にはなく、他のどんなプラットフォームよりも包括的なデータサプライチェーンを後押ししています。

クライアントサイド/サーバーサイドインフラストラクチャにより増える選択肢

必要に応じて下流のシステムにデータを配信するかビジネスニーズに基づいて選択してください。クライアントサイドまたはサーバーサイドのデータ管理に適したシナリオがあります。ツールを入手して、お客様に最適の選択を行ってください。

サードパーティおよび社内のシステムにデータをストリーミング

データのすべてまたは一部を、お客様が選んだシステムへリアルタイムに送信してください。タグ、ピクセル、SDK、API/プラグイン、ライブラリ、CSV/オムニチャネルのインポートを使用して、必要な手段でデータを統合します。

顧客から寄せられる意見

EpsonはどのようにしてMarTechエコシステム全体で一括セグメントを行ったか
Epson Americaのスコット・スタークとニック・ヒュアンは、Tealiumの同社への後押しにより、顧客データを所有して、MarTechエコシステム全体を横断して一括セグメントを行う方法議論しました。これにより、同社のテクノロジースタックの未来は保証され、グローバルにものを考えられるようになりました。

お客様のご希望どおりに

カスタマイズされたデモの間に、お客様に詳細を説明し、お客様の特定のニーズに関する質問にお答えいたします。