mobile_data_act_01

モバイルデータについて知っておくべきこと

データの収集と管理から
分析または顧客エンゲージメントの活用まで

モバイルデータとは何?なぜ重要なのか?

mobile_data_art_02

モバイルデータとは何でしょう?
これはモバイルの定額プランについてくるデータのことではありません。
顧客がモバイルを使用する際に生成される膨大な量のデータについての話しです。
このデータは、多数のモバイルデータソースの中で、モバイルで閲覧したウェブサイト、ネイティブアプリ、またはデバイス自体(GPS座標など)から取得されます。

モバイルデータは独特で複雑ですが(モバイル用語集をご覧ください)、それを最も効果的に活用するには、データを他のすべての顧客データと統合する必要があります。不完全なインサイトによって、一貫性のない不適切なカスタマーエクスペリエンスを生み出さないようにするためです。
コンテンツの消費がデスクトップからモバイルに移行している(コネクテッドデバイスやIoTからのデータがますます増えている)ため、組織はデータ戦略を統合して膨大な新しいタイプのデータを持つことがこれまで以上に重要になっています。
ただし、モバイルを単なる別のチャネルのように管理し、さらに別のデータのサイロを作ってしまわないようにしましょう。
これらの新しいデータタイプを包括的に統合したデータサプライチェーンに組み込むことで、顧客エンゲージメントを向上する、一貫した関連性のあるカスタマーエクスペリエンスを提供する基盤になります。

すでに基本をご存知の場合
モバイルデータ管理へのアプローチ方法をご覧ください。

モバイルから来る顧客データを管理する時に考慮する独自の事柄

モバイルからのデータを管理するには、従来のウェブトラッキングにおける問題とは異なる独特なものがあります。

1.データの収集

ネイティブアプリデータの収集と使用は、モバイルウェブからのデータ収集と使用ではまったく異なります。モバイル用に開発されたモバイルアプリとウェブサイトでは、大きく異なる技術とデプロイ方法( Google AMP HTMLなど)を使っており、分析またはカスタマーエクスペリエンスの向上に、データの必要性に関係なく、データの収集、管理、配信に根本的に異なる方法が必要です 。データの管理方法が違うだけでなく、収集されたデータは、ネイティブと互換性のない他のデータソースと統合する必要があります。(詳細は以下で説明)さらに、モバイルの一部のデータは、ウェブとは完全に違う分類法を使っています。ウェブサイトでのページビューと、ユーザーがモバイルアプリ上の「画面」ビューの測定について考えてみましょう。 アプリの構造上、「画面」では、データを整合する特別な手段を講じないと、「ページビュー」として測定できない可能性があります。

2.アプリストア

Changes to mobile apps require re-submitting them to app stores and an update by users. Unlike websites that can be updated anytime without approvals needed, modifications to mobile apps (even changes to the underlying code) must be re-submitted for approval. Additionally, users must download updates to receive the changes. With the right technology and development processes, apps can be managed strategically to make changes without requiring re-approval or app updates.

3.顧客エンゲージメント

Customers engage with brands through various mobile venues and also non-mobile venues. And this will continue for the foreseeable future, with mobile commerce projected to reach 45% of total e-commerce by 2020. You can’t merely buy a mobile-only solution and expect that to solve overarching customer experience challenges that span engagement venues. This approach would cause you to create more problems with siloed data.

4.モバイル信号

Mobile phones generally aren’t as powerful, and may not have as strong of an internet signal, as desktop computers. This means you have to make compromises between tracking, customer experience, and performance. Every personalization requires device resources. Every tracking call needs more. Customers mobile devices only have so much processing power and customers are only willing to wait so long (seconds, maybe).

5.バッテリー寿命

Mobile phones have limited battery life. This further creates the need to balance performance with customer experience or tracking needs that may drain mobile batteries, just like they consume device processing power.

mobile_data_art_03

モバイルデータの収集と配信

上記のすべてのモバイル特有の検討事項と複雑さを考慮し、モバイルから取得するデータを管理するには、数多くの独特なプラクティスが必要であり、最終的には、顧客が従事する様々な手段に対応するために柔軟な取り組みをする必要があります。

SDKとは何ですか?モバイルでSDKはいつも使いますか?タグ付けとは何が違いますか?まだタグは必要ですか?
JavaScriptトラッキングタグと同様に、SDKは、ユーザーエンゲージメントに関するデータを収集して送信することを目的としたコードの集まりです。SDKは通常、ネイティブアプリで使われ、JavaScriptタグは通常Webサイトで使われます。ただし、上記の理由(パフォーマンス、バッテリー寿命、さまざまな分類など)により、SDKの管理には、JavaScriptタグの管理とは異なる一連の戦略的妥協が必要です。多くの場合、最高のカスタマーエクスペリエンス(高速で関連性の高い)の提供と、ニーズの追跡の間には矛盾があります。つまり、パーソナライズされたエクスペリエンスを向上し、アプリのパフォーマンスを報告し、ユーザーエンゲージメントを追跡する処理能力は限られています。SDKは機能を強化しますが、SDKを追加すればするほど、パフォーマンスとカスタマーエクスペリエンスは低下してしまいます。

このエクスペリエンスの低下により、開発者は分析要件がアプリのパフォーマンスを妨げるため、不満を感じることがあります。または、マーケターは、最適化のために必要なインサイトを得ることができなくて、不満を感じるかもしれません。つまり、データの収集または配信で、SDKまたはJavaScriptタグのどちらを使おうと、この違いに対応した、モバイルと他のデータソースのデータを標準化する技術とプロセスを企業は採用すべきです。

クライアントサイドとサーバーサイドのデータ収集、管理、配信
貴重なリソースを戦略的に管理する1つの方法は、クライアント側(デバイス上)とサーバー側(クラウド内)の両方でデータを管理するハイブリッド戦略を利用することです。クラウド内のサーバー側でデータを管理できる場合、処理負担はクライアント(デバイス)から実質的に無限の処理ができるクラウドに移動します。ただし、クラウドでのデータ管理は、多くの場合、費用がかかる場合があり、費用の問題を戦略に組み込む必要があります。理想的には、この戦略においてコスト、パフォーマンスおよび顧客体験のバランスを取るには、柔軟性のある技術を採用するべきでしょう。

Cookieだけで、データは取得できませんか?IDFAとは何ですか?

mobile_data_art_04

歴史的にみて、Cookieはクライアント側のデータを管理する効果的な方法でした。Cookieはクライアント(デバイス)に、ユーザーのインタラクションに関するデータを保存します。ただし、Cookieは、データを管理する包括的アプローチとしては、時代とともに効果が低下しています。サードパーティCookieの使用を制限するブラウザ(モバイルとデスクトップの両方)とデバイスが増えています。かつて企業は、Cookieに保存されている顧客IDについてユーザーのデバイスを確実に確認していましたが、顧客のプライバシーへの配慮と規制強化により、そのようなCookieの存在は少なくなっています。

市場のこの隙間を埋めるために、Appleデバイス用のIDFA(「広告識別子」)番号とAndroidデバイス用のAAID(「Android広告識別子」)番号が、人物識別の信頼できる方法として使用されています。そのため、Cookieを使ったユーザーの識別を、IDFAまたはAAIDを使った識別に変更し、このデータまたは他のデータを紐づけ用の共通識別子として使い、異なるデバイスまたはチャネルから来るデータをスティッチして、統合することが合理的になっています。適切な技術の導入で、企業はIDFAやAAIDを一旦収集した後、顧客のデバイス(クライアント)にデータを保存する代わりに、サーバー側(適切な場合)で保存できます。

mobile_data_act_05

モバイルデータを包括的なデータサプライチェーンに統合する理由と方法

モバイルデータの管理に、新しい技術を選ぶだけではダメなのはなぜですか?今の時代、みんなモバイルを使っているのではありませんか?
いいえ。モバイルの広告が多すぎて、重要なチャネルはモバイルだけに見えるかもしれません。しかし、顧客は、一貫性のないエクスペリエンスを、モバイル、サポート、Webなど、どこで発生しても、同様に厳しく評価します。顧客は、モバイルだけ、ウェブだけ、店内だけにいるわけではありません。複数のチャネルに関わっています。そのため、データと実行を分離することが非常に有効です。

顧客がモバイルのカートに商品を追加してから、店舗でその商品を購入するとどうなるでしょう?顧客がモバイルのカートに商品を追加してから、店舗でその商品を購入するとどうなるでしょう?たとえば、その顧客が、購入した商品のオンライン広告で、リターゲティングされるかもしれません。たとえば、モバイルブラウジングや店内データに関連するクロスセルプロモーションにより、その顧客をターゲットにすると、顧客エンゲージメントにつながり、プラスの収益を得る機会になることは言うまでもありません。

では、モバイルデータを他のデータと、包括的データサプライチェーンとして統合するにはどうすればいいでしょう?
まず、中心的ハブからモバイルと他のデータソースを収集する機能から始まります。つまり、JavaScriptトラッキングタグ(モバイルかどうか問わず)、SDK、その他の方法(オフラインデータ取り込みなど)で収集されたデータは、最終的には一か所に集中されます。

次に、これにより、色々な形式と分類を持つすべての異なるソースからの全データを標準化、整合、および統合する必要があります。こうしないと、データはサイロ化したまま、関連性のない、さらに悪ければ、まったく不確かなサイロ化した顧客体験につながります。

さらに、標準化および統合したこのデータを、リアルタイムで実行可能にする必要があります。つまり、このデータは収集時に変換後、様々な宛先に直接ストリーミングされ、カスタマーエクスペリエンスを直接向上して、さらなる分析やインサイトに使用できる必要があります。これには、クライアント側とサーバー側にデータの配信機能と、イベントレベルと顧客レベルのデータ処理機能が必要です。最終的には、顧客を中心に構築された柔軟なプロセスによって活用される柔軟なテクノロジーになります。

Need More Info or Help? Have Questions?

Tealium’s solution consultants are knowledgeable and ready to help you strategize your unified data strategy incorporating mobile, along all other data sources.

Resource Type: Fundamentals
Topic: Mobile & IoT
Product: EventStream API Hub