CDPを構築するか購入するか?

ビジネスに最適なアプローチの選択

buy-vs-buy-your-cdp-ja-336x425

カスタマーデータプラットフォーム(CDP)を評価する際、企業はしばしば最も重要な問いかけをしなければなりません。それは「自社で構築することができるのか?その答えは、単純に「はい」か「いいえ」で出来るものではなく、時間、コスト、そして運用する部門が最も重要と考えるCDPの構成要素について議論する必要があります。

このような議論をすると、購入派と構築派の派閥に分かれてしまうことがよくあります。しかし、このように会社内で派閥に分かれる必要はなく、最終的には構築か購入かという議論をするべきではないのです。

本ホワイトペーパー「CDPを構築するか購入するか?ビジネスに最適なアプローチの選択」では、構築か購入かという議論の混沌とした性質と、最高のビジネス価値を生み出すために『何を構築し、何を購入するべきか』という、より現実的な課題に焦点を当て、企業がどのようにデータ活用のための基盤となる環境を整え、前進していくかを紹介します。

本ホワイトペーパーの主な内容:

  • ビジネス価値を生み出すために、CDPを構築するのか購入するのかを比較検討する際のコスト要因を評価する方法
  • CDPのどのようなコンポーネントを購入し、何を構築することが合理的な方策なのかを判断する
  • ビジネスユーザとITチームが協力して、将来のニーズに関する不確実性を特定する

PDF ダウンロード

Resource Type: Whitepaper
Topic: Customer Data Platforms, Data Orchestration, First-Party Data, Governance, Healthcare, Identity Resolution, Integrations, Machine Learning, Personalization, Predict, Privacy, Retail, Sports
Product: AudienceStream Customer Data Platform
Vertical: B2B, Digital Services, Entertainment, Financial, Healthcare, Hospitality, Media, Retail, Sports, Travel, Whitepaper
Business Issue: Data Readiness, Digital Transformation, Single View of the Customer (Infrastructure), Single View of the Customer (Insights), Single View of the Customer (Personalization/Experience)