Event Data Framework

クライアントサイドとサーバーサイドのインフラストラクチャ
技術、ベンダー、アプリとのイベントデータ取得のために

tealium_edfpage_icon_01
tealium_edfpage_icon_01

ご存知でしたか?
ほとんどの企業に、クライアントサイドとサーバーサイドの両方で管理する必要のある重要な顧客データがあります。これらを一つの場所にまとめるべき理由をご覧ください。

tealium_edf_07

包括的なイベントデータ インフラストラクチャ

クライアントサイドとサーバーサイドのデータを1カ所にまとめるソリューションがあると、データサイロ、一貫性のない顧客体験、運用の非効率性など、データ収集と配信へのアプローチの複雑さによって生じる問題を解決できます。

注目の製品

+

Tealiumのイベントデータフレームワークは、2つの製品で構成されています。それはクライアントサイドイベントデータ用Tealium iQタグ管理と、サーバーサイドイベントデータ用Tealium EventStreamです。

ブログの投稿

注目商品:Tealium Event Data Framework
サーバーサイド、クライアントサイド、ウェブ、モバイル、IoTなど、顧客データがどこにあろうと、どこ移動すべきであろうと、Tealiumのエンタープライズグレードプラットフォームにはオプションがあります。

基盤

クライアントサイドかサーバーサイドかの選択
御社の技術や顧客の行動(さまざまな考慮事項の中の一部ではありますが)に応じて、データをクライアントサイドで、またはサーバーサイドで管理することを求められます。

基盤

モバイルデータについて知っておくべきこと
モバイルデバイスのデータを管理することは、イベントデータインフラストラクチャを統合する際に特に重要な課題の1つです。

ドキュメント

TiQタグ管理を使い始める
Tealium iQタグ管理は、データを取得および配信するクライアントサイドイベントデータインフラストラクチャを提供します。

ドキュメント

EventStream APIハブを使い始める
Tealium EventStreamは、データを取得および配信するサーバーサイドイベントデータインフラストラクチャを提供します。

デモビデオ

Event Data Framework

ツールボックスにあるすべてのものをご活用ください。サーバーサイドのタグ付けをすることに決めて、EventStreamをご自分の作業に追加したのなら、その素晴らしいこととは、フリーサイズのアプローチが必要なくなるということです。クライアントサイドのタグをサーバーサイドに変換する必要はありません。

~ ジョシュ・ウエスト、Web Analytics Demystifiedシニアパートナー

データ準備状況の基礎

顧客データの量、種類、速度は増え続けていますが、顧客データがどこへ行き来していようと、データレイヤーアプローチは、どのような新しい技術に対しても準備を整えています。

データレイヤーアプローチ
データレイヤーは御社の顧客データにとって共通の言葉で、これによってどんな新しい技術でも、顧客データ基礎にマッピングすることによってプラグアンドプレイできます。

tealium_edf_02

デモビデオ

クライアントサイドのデータレイヤーをTiQで使用
異なるデータソースを統合し、事前ビルドされたカスタマイズ可能なJavaScriptタグで、訪問者との相互作用の一貫性を高めます。

デモビデオ

サーバーサイドのデータレイヤーをEventStreamで使用
属性とイベント仕様のあるサーバーサイドデータのデータレイヤーを作成して、受信データを御社の定義にマッピングします。

ビデオ

データ準備状況とは一体何なのか、なぜ重要なのでしょうか?
お手元のデータおよび技術インフラストラクチャの現状がどのようなものであっても、もっといろいろなことができるようになります。今すぐに。どのようにすべきかをご覧ください。

注目の製品

AudienceStreamカスタマーデータプラットフォーム
エンタープライズグレードの包括的なイベントデータ インフラストラクチャ、その恩恵を得るもののひとつに、カスタマーデータプラットフォームがあります。

ソリューション

最適な組み合わせ:EDW/データレイク + Tealium
エンタープライズデータウェアハウスまたはレイクは、包括的なデータ収集フットプリントがあると、価値がはるかに上がります。

WEBINAR

あなたの会社のデータは機械学習に対応しているか?

統合

tealium_edf_03

どこでも顧客データを統合

Tealiumでは、顧客データを目録化してマッピングし、必要な容易に移動先へ配信できるようになります。タグや webhook、API、埋め込みライブラリ、またはSDKなど様々なデータ管理方法に対して、Tealiumのイベントデータフレームワークは1つの中央プラットフォームを通じてすべてを一元管理できます。

機能

ベンダー中立データレイヤーと広範な統合マーケットプレイスを組み合わせることで、データサイロを細分化し、顧客体験を豊かにすることができます。

注目のビデオ

コネクタ
コネクタは事前ビルドのサーバーサイド統合です。統合されたシステムがあると、クライアントサイドで収集されたデータをデータソースとして使用し、サーバーサイドで配信できます

ソリューション

最適な組み合わせ:Amazonウェブサービス + Tealium
事前に整理されて関連付けられたデータを、AWSデータウェアハウスまたはデータレイクに供給し、1,000以上の統合部分を通じてそのデータをアクティベートします。

ソリューション

最適な組み合わせ:Adobe + Tealium
より豊かなデータを作成し、そのデータをAdobe製品間でもっと簡単に渡し合って、投資を最大限に活用し、より豊かな顧客体験を作ります。

WHITEPAPER

データガバナンスを通じた順調な分析の基盤構築
Tealium Event Data Frameworkによって、質の高いデータを維持できるため、分析などの応用の強化に活用できます。

ブログの投稿

データレイヤーがない場合の対処
データレイヤーがありませんか?大丈夫です。包括的ソリューションの一部として、あらゆるシナリオへのオプションがあります。

注目のビデオ

データレディネス