最適な組み合わせ:EDW(Enterprise Data Warehouse)やData LakeとTealiumのUniversal Data Hubとの連携

洞察とアクションのデータ上のギャップを埋めるTealiumのUniversal Data Hub

消費者は、複数のタッチポイント、チャネル、デバイスにわたってブランドと関わり、価値の高いデータを大量に生み出しています。企業は、数多くのソリューションを速やかに採用して、顧客データの爆発的な増加に対応し、ユーザーの行動を深く理解して相関を把握しています。

すべての顧客データを収集、格納、分析する上で使用する人気のある2つのソリューションブランドは、EDW(Enterprise Data Warehouse)とData Lakeです。

EDW(Enterprise Data Warehouse)は、構造化データを蓄積したレポジトリです。EDWのデータは、そのデータ特有の使用に基づいてあらかじめ構築された厳格な(Schema on Write)モデルに従って収集され、編成されます。EDWのデータは、きちんと編成され、構造化、詳細化されます。

Data Lake(DL)は、非構造化データを蓄積したレポジトリです。MarTech産業における「ビッグデータ」の側面を処理するために開発されたものです。Data Lakeのデータは、さまざまなソース(例:ソーシャル、動画、テキストなどのデータ)から流入し、非構造化(Schema on Read)モデルで複数のチャネルを通じてData Lakeへ取り込まれます。その結果、保存されたデータは、編成されていない非効率なものであり、行動を起こすこともアクセスすることも難しいデータです。この手法のメリットは、異なる役割を持つ複数の利害関係者が、異なる理由で同じデータにアクセスできることです。EDW法では、あらゆる利害関係者が必要とするデータスキーマを正確に保つためのプラン設計を大量に行いますが、Data Lakeでは、こうした仮説を立てることはなく、データにアクセスしたいユーザは生データにアクセスします。あらかじめ決めた方法でデータを構造化する必要がないので、データアナリストが大量の「ビッグデータ」を扱う際には理想的な方法と言えます。アナリストの洞察を表現したクエリーが、最終的にスキーマを形成するものになります。

「EDWの目的は、優れた洞察力を得るために分析機能を向上させられるように、企業に流入するデータの個々の集合体すべてを効率的に結合することです」
– Tealium、北米および南米地域ソリューションコンサルタント、ディレクター、テッド・スフィカス

EDWやData LakeとTealiumを統合する準備はできましたか?いつでもお手伝いします!
Tealiumのソリューションコンサルタントは、専門性の高い知識を駆使して積極的にデータ統合の計画を戦略化するサポートを行います。

Tealiumと組み合わせれば、EDWやData Lakeはさらに強力で実行可能なものに生まれ変わります。

データを過去に遡ってクリーニングし、費用の嵩むデータウェアハウス統合の維持を行う必要性に駆られてお金を無駄にすることを止めましょう。その代わり、現行のデータエンタープライズソリューションをTealiumのUniversal Data Hubと組み合わせることで、以下のような重要なメリットが生まれます。

  • 作成時点でデータをクリーニングして統合
  • リアルタイムデータへのリアルタイムなアクション
  • 1000以上ものマーケティングテクノロジーと強固でシームレスな統合を実現

「Tealiumは、企業がインサイトを手に入れて訪問者とリアルタイムにエンゲージできるように、イベントレベルおよび訪問者レベルでリッチなデータをデータウェアハウスやData Lakeにリアルタイムに提供する支援を行います」
– Tealium、ソリューションコンサルタント、ニック・ソジトラ

EDWとData Lakeはいずれもデータのストレージにも分析機能にもなるので、それぞれに以下のような(ただそれらに限定されない)固有の課題が発生します。

  • アクションを実行できないデータ
  • 複数のチームが、リアルタイムデータ機能を持たない異なるデータで作業をしてします。
  • キャンペーンの起動遅延
  • 一貫性のないカスタマーエクスペリエンス
  • 他のテクノロジーや統合オプションのソリューションを維持/接続するために費用の増加

主なメリット:

収集時点で洗浄され、統合されるデータTealiumでは、お客様の企業があらかじめ定義したデータレイヤー体系に基づいて顧客データを収集します。これにより、お客様の企業がアクションを実行可能な特定の詳細な方法でデータは収集され、関連付けられ、キュレーションされます。

リアルタイムデータへのリアルタイムなアクションその日の最後にデータを流し込み、その後でしか使用できない従来のデータウェアハウスと比べて、Tealiumでは、すぐにアクセスできるリアルタイム機能を採用しています。こうした機能は、データ収集、リッチ化、アクティベーションにTealiumが取り組んできた結果です。アプリケーションから取得したデータをデータレイヤーと切り離すことで、システムのさまざまな機能を実行しながら、デバイス上で個別にデータを収集し、まとめてスティッチすることで、常に最新の状態に保たれ、企業ルールに合わせてリッチ化されるリアルタイムプロフィールを作成して、これを用いて、必要なアクションを実行するエンタープライズテクノロジー全体にわたってリアルタイムにデータをアクティベートすることが可能になります。

完全に編成されたデータ大半のチームや部門は、サイロで作業し、データセットは断片化し、これにより企業がオーディエンスと共鳴する能力は制限されます。顧客を真に理解し、最も有効な方法で作業するには、こうしたサイロのデータは、常に最新の状態に保たれ、統合された同一の内容にする必要があります。TealiumのUniversal Data Hubでは、お客様が自社のツール、チーム、テクノロジーを全体的にアクセス可能で、リアルタイムな顧客データに接続できるように後押しします。お客様は、テクノロジースタック内のすべてのソリューションの間でレポートを実行、分析できるだけでなく、下流のシステムへのデータ配信を自動化することによって直接洞察力をアクションに生まれ変わらせることもできるようになります。

もうサイロ化することのない統合データお客様組織の部門は、断片化された異なるデータセットで作業する必要がなくなり、テクノロジーはいつでも統合された同一のデータセットを使用するようになります。これにより、顧客のデータセットは企業全体で信用されるようになり、企業全体の使用に関する監査証跡を正確に追跡したり、すべてのシステムを確実に同期したりできるようになります。ユーザーデバイスとのTealium独自の統合により、データセットは、リアルタイムユーザーと企業のシステムをリアルタイムに連携させることができるようにもなります。

堅牢でシームレスなマーケティングテクノロジー統合1,000以上ものターンキー統合により、エンタープライズデータソリューションにおけるカスタムなポイントツーポイントコーディングの必要性は大幅に減ります。Tealiumでは、より多くの技術タスクを完了させるための専門知識を持たないチームメンバーを後押しして、運用効率を改善し、コストを節約します。

IT、運用、インフラ保守にかかる費用の削減ソリューションとTealiumのUniversal Data Hubを組み合わせることによる費用の増加を最小限に抑えることにより、データストレージソリューションの取り組みのメリット、価値、全体ROIを最大化できます。Tealiumは、すべてのテクノロジー(EDWやData Lakeを含む)の統合の取り組みを一元化するハブになるので、こうしたテクノロジー同士を個別に統合する必要性はなくなります。結果的に、Data LakeやEDWに投資する価値は高まります。

エンタープライズデータソリューションをTealiumと組みわせると、洞察力はアクションに生まれ変わります。

データの量、品質、価値は継続的に高まります。業界において優れた競争力を維持したいと考えている企業にとっては、作成時点でデータをクリーニングや関連付けを行うことはマストです。取得する顧客データの急速な流入に耐えるテクノロジーを繰り返し購入していくのではなく、お客様企業がデータドットを接続して、ブランドの提供を顧客が期待する瞬間を促進できるソリューションと連携させる必要があります。

EDWsやData LakeをスーパーチャージするTealiumのUniversal Data Hub

EDWとData Lakeの両方をスーパーチャージするTealiumの強固なUniversal Data Hub ソルーションEDWやData Lakeとは異なり、当社のテクノロジーは、クリーニングされたデータをリアルタイムに取得するので、あらゆる意味においてリアルタイムであると言えます。リアルタイムにデータを処理し、リアルタイムにデータを実行可能にできるようにあらかじめプログラミングできます。

お客様の管理対象データ収集および強化を可能とするエンタープライズデータソリューションをTealiumは補完し、ビジネスルールに基づいてアクションをオーケストレーションし、最終的にはオートメーション化された方法で顧客プロファイルの構成をプログラムで定義することが可能になります。

今すぐEDWやData LakeをTealiumと連携させて、お客様のブランドにおける競争上の最大のメリット(すなわちデータのことです!)を活用しましょう!

EDWやData LakeとTealiumを統合する準備はできましたか?いつでもお手伝いします!
Tealiumのソリューションコンサルタントは、専門性の高い知識を駆使して積極的にデータ統合の計画を戦略化するサポートを行います。