Tealium EventStream

カスタマーイベントデータを収集・配信するための集中化したAPIハブ

クライアントサイドとサーバーサイドの、いずれかのデータ管理を選択する(また、どのような場合に両方を使用すればよいか)

イベントデータをクラウドから収集・配信することにより、データ基盤を完成させ、データを一元化して必要な場所に送信することが理想的です。イベントデータフレームワークでTealium iQ Tag Managementと連携させることで、包括的なクライアントサイドおよびサーバーサイドのプラットフォームを実現することができます。

Tealium EventStream(ドキュメント)は、モバイル、IoT、コネクテッドデバイス、あるいは効率性が重視されるデスクトップやWebに理想的な軽量のデータを収集・配信するソリューションです。全てのクラウドベース(サーバーサイド)のデータを一元的な集中ハブに柔軟に収集し、データをオーケストレートすることでカスタマーエクスペリエンスを強化することができます。

EventStream 概要

あらゆるソースからデータを収集
Webやモバイルデバイス、OTT、ビジネスシステムなど、どのようなデータソースでも簡単に追加できます。

リアルタイムなデータストリーム
イベントデータストリームをリアルタイムにフィルタリングし、モニタリングすることでデータフローを簡単に可視化できます。

データ品質を改善するセットアップ
品質を監視し、システム間でタクソノミーを一元化するために、データを定義し拡張します。

コネクターを使用してデータを送信
業界有数のTealium統合マーケットプレイスのEventStreamコネクターを使用して、流入するデータを直接アクティベートします。

Tealium EventStream の主な特徴

ユニバーサルデータ基盤の構築 – データは、クライアントサイド(ブラウザー)とクラウドベース(サーバーサイド)の2つの異なる方法で収集され、配信されます。これらの方法が用意されているのは、様々なデバイスやチャネルがデータを生み出すため、企業はこれらの異なるチャネルを横断して共通の基盤を構築する必要があるからです。EventStreamはTealiumユニバーサルデータハブの一部であり、クラウドでのデータ収集とアクティベーションによって、企業がデータサプライチェーン全体をコントロールすることを可能にします。

シンプルなインターフェースでデータサプライチェーンを柔軟に管理 – 様々なソースからのデータをクラウドで迅速かつ簡単に収集し、様々な配信先で活用できます。さらに、ボタンをクリックするだけでデータを統合できる使いやすいツールを使って、すべてのテクノロジースタックを統合します。また、EventStream API Hubは、処理能力が限られるモバイルおよびコネクテッドデバイスでのデータ収集とアクティベーションにおいて、特に有効です。

チャネルを横断して簡単にデータをアクティベート – Tealiumのインテグレーションマーケットプレイスには、クライアントサイドとクラウドデリバリーの双方について、広範なベンダーがあらかじめ登録されています。今後も多くのベンダーがクラウドデリバリーに対応予定で、Tealiumはこれらをマーケットプレイスに追加すべく作業を行っています。各チームが必要としているデータをいつでも利用できるようにすることで、組織全体の効率を最大化し、市場投入までの速度を速めます。

開発者リソースへの依存を削減 – 使い勝手の良い、ポイント&クリックのインターフェースを通じてデータソースを設定することができます。マーケター、開発者、アナリスト向けにベンダー製品の実装を簡素化しつつ、堅牢かつ高品質なデータ収集・配信を可能にします。これによりデータアクセスが容易になり、運用を合理化することができます。

堅牢かつ軽量のデータ収集によりSDKを最小化 – 顧客は特にモバイルから優れたカスタマーエクスペリエンスを瞬時に得られることを期待しています。モバイルアプリはネットワークの利用を最小限に抑えつつ、高速かつ安定した稼働が求められます。また同時にリアルタイムの指標により、アプリの利用方法とパフォーマンスを把握する必要があります。軽量のクライアントにより、これらのイベントを記録するベンダー特有のロジックをサーバーサイドで展開し、ビジターのブラウザからベンダータグを取り除くことによって、データ配信を合理化することができます。また効率性が重視されるデスクトップやWebエクスペリエンスにとっても理想的だと言えます。

関連付けされたクリーンなデータセットによってビッグデータシステムを強化 – コストのかかるポスト処理を行う代わりに、ビッグデータのすべて、あるいはフィルタリング後の一部をリアルタイムに、様々なクラウドコンピューティングプラットフォームにストリーム配信します。Pub/Sub経由でGoogle Cloudと、あるいはKinesisおよびSQS経由でAmazon Web Servicesと、そしてStreaming Analytics経由でMicrosoft Azureと統合し、カスタマーのインタラクションデータをIaaS (Infrastructure-as-a-Service) アプリケーションに配信します。簡単に利用できる様々なインストレーションライブラリを使うことで、自分でプログラムを記述しなくとも、デジタル資産とストリーミングソリューションを統合することができます。

データをリアルタイムに活用 – モバイルデバイスの利用が増えるに従い、瞬時にレスポンスできる能力が重要になっています。データがリアルタイムに活用できるようになっていれば、適切なタイミングでカスタマーに対してアクションを起こすことが可能です。しかし、データを入手するために数時間、あるいは何日もかかるとしたら、カスタマーと繋がる大切なタイミングを逃してしまうでしょう。

データセキュリティを最大化 – ユーザーのブラウザなど、予測不能または制御不能な環境から機密性の高いデータを保護します。EventStreamでは、データをクラウドで管理し、高度なセキュリティを維持することができます。Tealiumのクラウドインフラは最も厳格なセキュリティ要件を満たしています。

EventStreamの関連資料はこちらをご覧下さい