ティーリアムプライベートクラウド

厳格なデータプライバシーとHIPAAのような取締規則を引き続き遵守しながら、信頼できる顧客データをもたらします。

ティーリアムプライベートクラウドとは?

ティーリアムプライベートクラウド
ティーリアムプライベートクラウド

プライベートクラウドは、シングルテナント環境でデータを分離して、パブリッククラウドのすべての利点を提供する専用環境です。これにより、基盤となるすべてのクラウドインフラストラクチャが顧客専用で、従来のマルチテナントSaaSモデルのように他の組織とデータ処理リソースを共有することがありません。ティーリアムプライベートクラウドを使用すると、顧客データを、HIPAAなどの厳格なデータプライバシーや取締規則への顧客のコンプライアンスを促進する環境で機能させることができます。 

ティーリアムプライベートクラウドは、完全なカスタマーデータハブ (CDH)のサービスをプライベートクラウド環境(シングルテナントまたはマルチテナント)にもたらします。ティーリアムプライベートクラウド内のすべてのデータは、分離され、地域ごとに指定され、お客様独自のセキュリティ管理に従い処理されます。これにより、顧客は自身のデータセキュリティ基準に従って保護された、安全でスケーラブルなデータ基盤を構築できます。

ティーリアムプライベートクラウド
チェックリスト:あなたの組織はプライベートクラウド環境が必要?

あなたの組織にプライベートクラウド環境が必要だと思いますか?簡単な質問のチェックリストをダウンロードしてみましょう。

チェックリストの入手

データのプライバシーとセキュリティに関する詳細リソース

データのプライバシーとセキュリティへの専門知識に関係なく、これらの情報は有益です

ガイド

当社のデータプライバシーとセキュリティの情報をダウンロードして、お客様の戦略にお役立てください 

データシート:複雑化するデータ状況における情報セキュリティの確保

ホワイトペーパー:データガバナンス:セキュリティとプライバシーの導入

ダウンロード:5ステップのデータガバナンスのチェックリスト

ティーリアムプライベートクラウドの有用性

ティーリアムプライベートクラウドは、プライバシーを重視する顧客が要求する厳しいセキュリティ基準を満たす、強固なセキュリティを提供します。

シングルテナントまたはマルチテナントクラウドソリューション – ティーリアムプライベートクラウドは、機密データの保護と管理を強化し、シングルテナントまたはマルチテナントクラウドとして展開可能な、クラウド製品に関連する管理の簡易さと拡張性を提供します

エンドツーエンドの顧客データオーケストレーション – ティーリアムプライベートクラウドは、セキュリティの要求を満たす環境で、エンドツーエンドの顧客データの収集、標準化、変換、および有効化を実現します

地域指定データ – ティーリアムプライベートクラウドのデータは、要求が最も厳しい情報セキュリティ部門が要求する独自のセキュリティ管理を簡単に設計および実装できるように、分離、地域指定、および管理されます

HIPAA対応 – ティーリアムは、プライベートクラウド環境がHIPAA HITECHのセキュリティとプライバシー要件への準拠を確認するため、独立した第三者による監査を受けています

認定の更新と環境モニタリング – ティーリアムは、プライベートクラウド環境のすべての認定とコンプライアンスを毎年更新しています

ティーリアムプライベートクラウドのインフラストラのセキュリティ機能に加えて、ティーリアムカスタマーデータハブ内の機能は、幅広いセキュリティ機能を提供します。以下は高度なセキュリティ機能の一部です。

データレイヤーの管理 – データレイヤーの特定部分へのアクセスを特定のグループに割り当て、アクセスとセキュリティの管理をより良くします

暗号化とハッシュ化 – すべてのデータはHTTPS経由で送信され、ティーリアムプラットフォーム内で常に暗号化されます。内蔵されたCrypto拡張機能を使用して、ハッシュ化するデータを指定できます

制限付きデータ – ティーリアムユーザーは、このデータをイベントから除外し、プラットフォーム内でのデータ処理と保存の場所を管理するため、特定の属性を「制限付き」として指定できます

オーケストレーション – ITネットワークとインフラに出入りするデータ、またはベンダーに渡すデータを正確にオーケストレーションします

タグとコネクタのマーケットプレイス管理 – ティーリアムを使用して、どの技術が統合できるかできないかを管理します

データシート:ティーリアムデータセキュリティとプライバシーツール

今日の状況で、優れたカスタマーエクスペリエンスを提供するには顧客データが不可欠です。データソースと使用量の増加につれ、技術スタック全体でファーストパーティ、セカンドパーティ、サードパーティのデータを共有する際、リスクの検出、軽減、最小化が不可欠になります。そのためには、顧客データのインフラとオーケストレーションのための安全で拡張可能な環境が必要です。

ティーリアムは、顧客データの保護のために設計されたさまざまなツール、製品機能、および補完的サービスを提供します。

ティーリアムプラットフォーム内のデータプライバシーとセキュリティ管理に関するデータシートをお読みください。

顧客データのインフラ – HIPAAの準備

ティーリアムプライベートクラウドは、HIPAA HITECHに準拠する環境を必要とするお客様に最適です。たとえば、ヘルスケア、医療、製薬の業種に関与する組織などです。これは、ティーリアムが、プライベートクラウド製品のHIPAA HITECHのキュリティとプライバシー要件への準拠を検証するために、独立した第三者によって監査を受けているためです。さらに、ティーリアムはプライベートクラウドのお客様とビジネス準契約(BAA)に署名します。

ティーリアムのカスタマーデータハブがHIPAAに準拠する機能には次のものがあります。

1. 厳格な保護手段 ePHIの機密性、完全性、セキュリティを保護するよう設計された、顧客情報を守る処理と保管の両者に対応します

2. セキュリティ情報およびイベント管理(「SIEM」) ティーリアムが完全に実施します

3. データ暗号化 保管中および転送中に行います

4.第三者による監査 コンプライアンスの実証のため、すべてのティーリアムプライベートクラウド環境上で行われます

5.最小権限のアクセス管理 ePHIにアクセスする必要のある適切に訓練された運用スタッフのみアクセスが許可されます

6.データベース認証 すべてのプロセスで、データにアクセスするため認証が必要です

認証

ティーリアムは、第三者による次のセキュリティおよびプライバシー認証を取得しています。

soc-2

SSAE18 SOC 2 タイプ II

第三者による監査は、セキュリティ、可用性、処理の整合性、および機密性の原則に対するティーリアムの取り組みと実践を証明しています。

s2

HIPAA

HIPAAのセキュリティおよびプライバシー規則への準拠の証明を実現する、業界初のクラウドベースの顧客データおよびタグ管理ソリューション。

bg4

ISO/IEC 27001:2013

この規格は、情報セキュリティ管理システムと個人を特定できる情報(PII)を保護するモデルを構築します。

bg51

ISO/IEC 27018:2019

ティーリアムは、27001の延長であるISO 27018標準にも準拠しており、特にパブリッククラウドコンピューティング環境に重点を置いています。

Need More Info on Tealium Private Cloud?

Tealium’s solution consultants are knowledgeable and ready to help you strategize your plan for orchestrating your data in highly regulated environments.

Resource Type: Fundamentals
Topic: Customer Data Platforms, Data Orchestration, Governance, Privacy
Product: AudienceStream Customer Data Platform, DataAccess, EventStream API Hub, TiQ Tag Management
Vertical: Financial, Healthcare, Hospitality, Media, Travel
Business Issue: Data Governance (Compliance)